平均視聴率3%は気にしない!【韓国ドラマ】第1話で「これは面白いゾ」と確信!ミステリアスラブロマンス

平均視聴率3%は気にしない!【韓国ドラマ】第1話で「これは面白いゾ」と確信!ミステリアスラブロマンス

  • ヨムーノ
  • 更新日:2022/09/24
No image

韓国俳優として有名なイ・ドンウクとキム・ドンウクを間違えて韓国ドラマ「その男の記憶法」を鑑賞してしまったヨムーノ編集部エンタメ担当です。

韓国ドラマ「その男の記憶法」は『コーヒープリンス1号店』のキム・ドンウク主演です。キャスト名を思い込みで勘違いしてしまい『コーヒープリンス1号店』にイ・ドンウク出てたかなぁ~と思いながら、ずっと「その男の記憶法」を鑑賞していたのですが、当然ですが1秒もイ・ドンウクは出てきません!

ここでは、2007年出演作品『コーヒープリンス1号店』のキム・ドンウクの面影は目元かな!?韓国ドラマ「その男の記憶法」のあらすじや見どころをご紹介しています。

「キム・ドンウク」を「イ・ドンウク」と勘違い

No image

(C) Jcontentree corp. all rights reserved

名前が似ていたイ・ドンウクさん(トッケビやライフに出演しています)

韓国ドラマ「その男の記憶法」

全てを忘れられない男、記憶を失った女
哀しい過去が繋ぐミステリアスラブロマンス

dTV、Prime Video、U-NEXT などで配信中

Netflix (ネットフリックス) では配信されていません(2022年9月21日時点)。

第1話で面白いかも!と確信

No image

©︎2020MBC

人気女優と一般男性のラブコメといえば、キム・スヒョンとチョン・ジヒョン主演の「星から来たあなた」です。作品の雰囲気的には似ていて、違和感なく鑑賞できました。

また、ヨ・ハジン演じるムン・ガヨンの明るいキャラクター設定もいいですね。過剰記憶症候で初恋の人を忘れられない寡黙なイ・ジョンフン(キム・ドンウク)と対照的な設定です。

なので、「星から来たあなた」が面白い!と感じた方なら受け入れられるストーリーだと思います。

※過剰記憶症候とは……過去の記憶をほぼ鮮明に覚えていて、忘れない症状。

【ネタバレ注意】「その男の記憶法」の見どころ

No image

©︎2020MBC

ストーカー事件の解決

ジョンフンとソヨンの思い出が地味に良い

初恋の人ソヨンの親友だったヨ・ハジンとジョンフンの未来

「その男の記憶法」は初恋の人が凶悪なストーカーによって殺害されるという強烈な展開から始まります。
なので、過剰記憶症候のイ・ジョンフンは初恋の人が殺害されたストーカー事件を鮮明に覚えていて忘れることができず、ずっとふさぎ込んでいます。

そこに、過去の記憶を事故で忘れてしまった女優のヨ・ハジンが現れ、イ・ジョンフンの心理に変化が起きていくラブストーリーなのですが……ヨ・ハジンも初恋の人を殺害した同一人物ストーカーに狙われてしまうという展開!

【ネタバレ注意】スピンオフがみたい!?ジョンフンとソヨンのラブストーリー

ジョンフンの初恋の人はソヨンといいます。
時々出てくるジョンフンとソヨンの回想シーンが地味にいい(笑)。

「その男の記憶法」では、すでにストーカー事件が起こった後なので、回想扱いです。
ストーカー事件が起こらない、ジョンフンとソヨンのスピンオフラブストーリーも全16回でドラマ化してほしいかも。

【ネタバレ注意】とにかくムカつくストーカー!

No image

©︎2020MBC

初恋の人ソヨンも女優ハジンもストーカーに狙われます。
まぁ……とにかくストーカーがムカつきます!!!

いい意味で、よいキャスティングだし全16話まで引き延ばすには必要不可欠な要素でもあるのですが……ヨ・ハジン演じるムン・ガヨン、チョン・ソヨン演じるイ・ジュビンが美人女優さんだけにストーカーに振り回されるのが腹立って仕方がない(笑)。

【ネタバレ注意】目立った派手さはないキム・ドンウク

韓国ドラマの俳優といえば、パク・ソジュン、ヒョンビン、イ・ミンホ、イ・ジョンソク、コン・ユ、チ・チャンウク、パク・ボゴム、ナム・ジュヒョク、キム・スヒョンなどなど人気韓国俳優といえば……で、名前を挙げるとがキリがないのです。

今回の主演俳優キム・ドンウクは、そんなイケメン俳優と比べてしまうとかなり地味な印象なので、胸キュン要素は弱いですが、鑑賞を進めてくるとそんな地味さも慣れてきます!

【ネタバレ注意】エンディングは予想とちょっと違った

ジョンフンとハジンの障壁は、ハジンとソヨンが親友だったこと。
つまりジョンフンは、初恋の人ソヨンの親友ハジンと付き合っているという事が暴露され、世間が過剰に反応し、別れ話の展開に(韓国ドラマあるある)。

この世間の印象をどう乗り越えていくのかが、ラストに向けて焦点になっていくのですが……結果、時間が解決する。いわゆる世間が忘れてゆくという展開でした。

人間は忘れていく生き物に対して、過剰記憶症候として生きる人間もいるというテーマなので、ある意味「なるほど」と理解しました。

キャスト

イ・ジョンフン役:キム・ドンウク

No image

©︎2020MBC

ニュース番組「ニュースライブ」でアンカーを務めるHBN所属のキャスター。その日あったことを全て記憶する過剰記憶症候群を患っている。かつて、恋人(チョン・ソヨン)を殺された過去も忘れられずにいる。

※主な出演作:コーヒープリンス1号店

ヨ・ハジン役:ムン・ガヨン

No image

©︎2020MBC

ヒロイン。モデル出身の女優。トラブルメーカー。ジョンフンのニュース番組に出演し、最初は彼と衝突した。しかし、スキャンダルによって、ジョンフンに興味を持つ。

※主な出演作:女神降臨、LINK:ふたりのシンパシー

⇒ムン・ガヨン主演【韓国ドラマ】「LINK:ふたりのシンパシー」【ネタバレ注意】全16話の見どころと平均視聴率

チョン・ソヨン役:イ・ジュビン

イ・ジョンフンの恋人。ストーカー事件で死亡

※主な出演作:ドクター弁護士

⇒イ・ジュビン出演【韓国ドラマ】「ドクター弁護士」【ネタバレ注意】全16話の見どころと平均視聴率

ユ・ソンヒョク役:キム・チャンワン

テウンの父。大学教授。イ・ジョンフンの主治医

※主な出演作:コーヒープリンス1号店、サイコだけど大丈夫、星から来たあなた

チェ・ヒサン役:チャン・ヨンナム

HBN局長

※主な出演作:サイコだけど大丈夫、王になった男、太陽を抱く月、空から降る一億の星

ユ・テウン役:ユン・ジョンフン

ジョンフンの友人。精神神経科医。優しい性格で、父はジョンフンの主治医でもあった。

ヨ・ハジョン役:キム・スルギ

ハジンの妹。専属マネジャー。いつも、姉の幸福を祈り、気にかけている。

あらすじと各話視聴率(平均視聴率 3.5%)

「その男の記憶法」の平均視聴率は 3.5%です。
視聴率の情報はYahoo!ニュースなどの検索結果をもとに記載しています。

ニュース番組でアンカーを務めるジョンフン(キム・ドンウク)は生放送中のどんなトラブルにも動じない冷静沈着な性格。
出演したゲストにも鋭い質問を投げかけ、視聴者からも局のスタッフからも信頼されていた。完璧すぎるように見えるジョンフンだが、人には言えないある秘密があった。

それは見たもの全てを記憶する過剰記憶症候群を抱えているという事。
かつて愛する人を目の前で失った辛い過去も忘れることが出来ず苦しんでいた。

ある日ジョンフンの番組にトラブルメーカーの女優ハジン(ムン・ガヨン)がゲスト出演する。天真爛漫なハジンに戸惑うジョンフンだったが、生放送中に発したハジンのある言葉に固まってしまう。
それは亡くなった恋人がかつて自分に言ったのと同じ言葉だった。何とか番組を終えるものの、ジョンフンはハジンに対し苛立ちを覚える。
二度と会う事はないと思っていたその夜、局長から呼び出され、ジョンフンは嫌々ながらハジンと飲むことに。結局口論となり早々に帰る2人だったが、その翌日2人が会っていた様子が写真に撮られスキャンダルが出てしまう。

ジョンフンに興味を抱いたハジンはあえて交際を否定せず、2人は付き合っていることに。ハジンと会うたび過去の記憶が思い出されるジョンフンだったが、自身に真っすぐ向かってくるハジンが次第に気になっていく。
だが、ジョンフンのかつての恋人とハジンには、ハジン自身も忘れていたある繋がりがあった。

No image

©︎2020MBC

第1話 視聴率3.75%

ジョンフンは国民的アンカーであり、“ジェントルな暴君”と呼ばれている。そんなジョンフンは幼い頃から全てを記憶し、忘れることができない過剰記憶症候群を患っていた。恋人を目の前で亡くした過去を忘れられず、苦しんでいる。そんな中、トラブルメーカーであり天真爛漫な女優、ハジンにインタビューをすることになる。生放送中、亡くなった恋人と同じ言葉を発したハジン。それを聞いたジョンフンは、固まってしまい…

第2話 視聴率3.45%

生放送中、ジョンフンが固まってしまい、チーム長が機転を利かせてうまく乗り切る。しかし世間は、ジョンフンではなくハジンを非難する。そのことを知った局長は、謝罪の席を設ける。だがその場に現れたジョンフンとハジンはスクープされてしまい、なぜかハジンは交際を認める。あっけにとられたジョンフンはハジンに問いただすが、悲しい目が気になったからだと言われる。そしてまた亡くなった恋人と同じ言葉を発し…

第3話 視聴率3.75%

ハジンの話を聞いて動揺するジョンフンを、ハジンは自宅まで送る。チョン・ソヨンを知っているかと聞かれたことが気にかかり、ハギョンにも確認する。ハギョンは知らないととぼけるのだが、実はハジンとジョンフンの恋人だったソヨンは、子供の頃からの親友だった。ジョンフンはソヨンと同じ言葉を発するハジンが、ソヨンの親友であることに気付き、テウンの元を訪ねる。そんな中、ハジンの主演映画が大ヒットする。

第4話 視聴率3.9%

ョンフンにもう会うことはないと言われて落ち込むハジン。しかしその反面映画が大ヒットし、ハジンの悪いイメージが払拭され“国民の初恋の人”と言われるようになる。仕事も順調で忙しい日々を送るハジンは、ジョンフンが自分の映画を見に行ったと知り舞い上がる。しかしそれは監督にインタビューするためだった。そんな中、ジョンフンにある写真が送られてくる。それはハジンと写るジョンフンを傷つけた物で…

第5話 視聴率3.9%

ジョンフンはハジンのマネージャーであるハギョンに、写真のことを伝える。そんな中、ハジンの家の前をうろつく怪しい男を捕まえるジョンフン。しかしその男は芸能記者だった。一方、ハジンの元に憧れのファン作家のドラマのオファーが舞い込んでくる。しかし条件はジョンフンに協力してもらうこと。ジョンフンもまたハジンと一緒にナレーションをすることに。ハジンが出演する代わりにドラマの件も引き受けるが…

第6話 視聴率3.6%

ハジンに付きまとっている男が別人であることを確かめるため、ジョンフンはソヨンを死に追いやったソンホに会いに行く。一方ハジンは、ドラマの打ち合わせの場で監督と2人きりになった時、役にふさわしくないから降りてほしいと言われてしまう。そんな中、ハジンはジョンフンとイルグォンに会いに来たテウンに遭遇する。2人が友人だと知ったハジンは、昔テウンに聞いた話を思い出し、ジョンフンが過剰記憶症候群だと気付く。

第7話 視聴率4.7%

ジョンフンは偶然立ち寄った病院で、母親が死んだことを知る。何も知らなかったジョンフンは自分を責め続ける。ジョンフンの母親は全てを記憶する息子のことを思い、自分の死を記憶させないために、末期がんを患っていることを隠していた。一方ハギョンは、パク記者、チ監督、チョルの誰かが写真を送ってきた可能性が高いとイルグォンから聞く。そんな中、ジョンフンが突然出かけたという連絡が入り、ハジンとテウンが捜しに行く。

第8話 視聴率3.6%

ハジンの家に侵入したストーカーは、ハジンの写真を部屋に貼り、メッセージを残していく。恐怖に襲われたハジンたちは、しばらくの間ジョンフンが用意してくれた家で過ごすことに。一方ジョンフンは、番組に復帰することになり、生放送を見にハジンも駆けつける。そんな中、ジョンフンはパク記者に尾行される。ハジンを隠し撮りしていた写真を突き出して問いただすと、ストーカーに頼まれて撮ったものだと白状する。

第9話 視聴率3.1%

ソンホからジョンフンに電話がかかってくる。そしてハジンを失いたくなければ、ストーカーからしっかり守れと言われる。その言葉が気になったジョンフンは、ソンホに会いに監護施設へ。ストーカーは誰なのかと問い詰めるが、ソヨンに悪いと思わないのかと言われ、何も言い返せないジョンフン。一方、本格的な捜査に乗り出した警察はチ監督とチョルのことを調べ始める。そんな中、ハジンはストーカーに連れ去られてしまう。

第10話 視聴率4.2%

ストーカーに連れ去られたハジンは、ある別荘に連れていかれる。警察はチ監督とチョルの2人を容疑者に絞り捜査を始める。防犯カメラに映るチョルの怪しい行動を見て、犯人だと考えた警察は緊急逮捕の準備をする。しかし、チョルが隠れていた別荘にハジンの姿はない。一方、チ監督が怪しいと考えるジョンフンは、ある手がかりを見つける。それを頼りにハジンの居場所を探し当てるのだが…

第11話 視聴率2.8%

ストーカーの事件が解決してハジンとハギョンは自宅に戻る。ジョンフンと真剣に交際することになり浮かれるハジン。そしてドラマの演技指導をしてもらうために局へ向かう。これが初デートだと思っていたのに練習ばかりで残念だと話すハジンに、ジョンフンは週末デートをしようと言う。そんな中、ソンヒョクの元へ検診を受けに行くジョンフン。そこでソヨンを忘れられないままハジンと交際していくのかと聞かれる。

第12話 視聴率3.4%

練習室の暗証番号をソンホに教えたハジンは、自分のせいでソヨンが死んだと思っていた。そのせいでつらい過去の記憶を全て消していたのだが、徐々にソヨンとの記憶を思い出してくる。一方、お互いのことが気になっていたハギョンとイルグォンも交際を始めることに。ドラマの読み合わせやテスト撮影をジョンフンのおかげでうまく終えたハジン。仕事も恋愛も順調だったハジンの元へ病院から脱走したソンホがやって来て…

第13話 視聴率2.7%

脱走したソンホは、ハジンのサイン会に現れる。ソンホからソヨンの話を聞いてハジンは記憶を取り戻すのだが、突然のことに動揺して倒れてしまう。何もかも思い出したハジンはソヨンの眠る納骨堂を訪れる。そんな中、HBNでは警察の協力の下、ニュースライブでソンホの情報を募ることに。多くの情報が寄せられるが、決め手になるものはいまだない。一方ハジンは、ドラマの制作が中止になると告げられる。

第14話 視聴率3.75%

ジョンフンのそばにいたいと告げるハジン。しかしソヨンのことを思うと、その言葉を取り消さずにはいられなかった。そんな中、テウンはソンヒョクが、ジョンフンの病気について書きつづった本を出版しようとしていることを知る。ソンヒョクに詰め寄り、出版を阻止しようとする。一方ソンホは、ソヨンの骨つぼを持ち出し、ジョンフンをおびき寄せる。そしてソヨンが突き落とされたビルでジョンフンを殺そうとするが…

第15話 視聴率2.7%

ソンヒョクは結局、ジョンフンの病気のことを書きつづった本を出版する。スチャンは出所したと同時に、ジョンフンは元恋人の親友であるハジンと交際しているとライブ配信で暴露する。スチャンの思惑どおり世間の冷たい目にさらされたジョンフンとハジン。そのせいでジョンフンはニュース番組を降板、ハジンは全ての仕事をキャンセルされてしまう。そしてハジンはハリウッド映画の話を受けることにする。

最終話 視聴率3%

アメリカから帰国したハジン。韓国を離れて2年がたつが、ハジンもジョンフンもお互いを思っていた。ジョンフンが運転していると、たまたま車ですれ違うのだがハジンは気付かない。その後、2人は書店で再会する。そっけなく別れたが接触事故を起こし、そこでまた会う。いくつもの偶然が重なり、運命だと確信した2人はよりを戻す。そんな中、ハジンには韓国映画とハリウッド映画のオファーが来ていて、どちらに出演すべきか悩む。

ヨムーノ編集部韓国ドラマ班の韓国ドラマ鑑賞記録 一例(順不同)

星から来たあなた/太陽を抱く月/サイコだけど大丈夫/王になった男/恋はチーズ・イン・ザ・トラップ/ファラン/梨泰院クラス/キム秘書はいったいなぜ/トッケビ/コーヒープリンス1号店/結婚作詞離婚作曲シーズン1・2・3/賢い医師生活シーズン1・2/黄金の私の人生/ヴィンチェンツォ/愛の不時着/シークレットガーデン/ウォッチャー 不正捜査官たちの真実/空から降る一億の星/青い海の伝説/ライフ/SKYキャッスル/無法弁護士/私のIDはカンナム美人/気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!/奇皇后 〜ふたつの愛 涙の誓い〜/秘密の森シーズン1・2/九尾の狐とキケンな同居/怪物/主君の太陽/リンク:ふたりのシンパシー/ドクター弁護士/最愛の敵〜王たる宿命〜/グリッド/サウンドトラック #1/スノードロップ/その男の記憶法/ヒーラー(視聴中)

【最高視聴率33%】「嗚咽するほど泣ける...」思わずリピ見!“高視聴率“韓国ラブストーリー2選

ヨムーノ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加