福島 「抗体カクテル療法」35施設で実施

福島 「抗体カクテル療法」35施設で実施

  • 福島中央テレビ - 福島県内ニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

新型コロナの重症化を防ぐ「抗体カクテル療法」について県内ではこれまでに35の医療機関で投与が実施された。

「抗体カクテル療法」は、2つの薬を混ぜて患者に点滴するもの。

県内では、新型コロナの患者を受け入れる医療機関が42施設あるが、このうち、40施設で投与ができる体制になっているという。

県によると、9月10日までに35の医療機関で実際に患者に投与され、いずれも重症化を防ぐ効果や症状の改善が見られたという。

県では、抗体カクテル療法の点滴薬を常時400回分、確保していて、今後も、重症化リスクのある患者らの治療に使用していくとしている。

福島中央テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加