TBS「問題番組」復活で狙う「ダウンタウン松本人志囲い込み」大作戦

TBS「問題番組」復活で狙う「ダウンタウン松本人志囲い込み」大作戦

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/05/01
No image

松本人志(ダウンタウン)

4月30日、2019年8月にヤラセ演出が発覚して放送終了したTBSのバラエティ番組『クレイジージャーニー』が、5月19日に2時間ゴールデン特番として復活することをTBSが発表した。すでに収録済みだという。

関連:■「笑いの日」で圧勝!!ダウンタウン、30年ぶり生漫才は蜜月TBSで実現!?■

「不祥事で打ち切りになった番組が再開するのは、異例の出来事です。MCのダウンタウン松本人志(57)は“いろいろとご迷惑おかけしました”と、TBSがメロンを差し入れてきてくれたことを明かしているほか、“メロンぐらいでは済まない…と思ったりしながら(笑)。結果良ければすべて良しということでございます”と、番組復活を喜んでいたそうです」(女性誌記者)

『クレイジージャーニー』は、独自の目線や強いこだわりを持って、世界や日本を巡る人々、すなわちクレイジーな旅に密着する番組。番組サイドは過去の不祥事にも触れて、

「再開に向け、温かいエールを送っていただいた視聴者の皆様に感謝し、その期待に沿えるようスタッフ、出演者が密にコミュニケーションをとりながら、より一層魅力的な番組を目指していく」

と、コメントしている。

■TBSは松本とDTを切望している

「MCの松本が復活を喜んでいたのは本当に良かったですね。松本とダウンタウンは、92年に放送していた『生生生生ダウンタウン』で、局内の偉い立場の人物を見慣れないスタッフと勘違いした浜田が“お前は何者じゃい!”とハリセンで叩いたことや、それ以前からスタッフとの関係が悪かったことから、TBSに出禁にされていた過去がありましたからね」(前出の女性誌記者)

05年の『リンカーン』で久々にゴールデンタイムにダウンタウンが出演し、14年には現在まで続く人気の冠番組『水曜日のダウンタウン』もスタート。確執は、過去のことになりつつあった。しかし、19年に『クレイジージャーニー』が番組側の不祥事で打ち切りとなり、「また松本とTBSと関係が悪化するのではないか」と危ぶまれていたのだ。

「しかし、『水ダウ』だけでなく、昨年9月26日にはTBS開局65周年を記念した超大型特番『お笑いの日2020』という8時間生放送の総合司会をダウンタウンが務めたり、4月28日にも放送されましたが、特番の『審査員長・松本人志』を不定期に放送したり、TBSは非常にダウンタウンと松本をプッシュしているんです」(前同)

『お笑いの日』は、『クレイジージャーニー』の演出担当していたまだ30代のTBS局員が、元SMAP中居正広(48)とTBSの安住紳一郎アナウンサー(47)がMCを務める大型音楽特番『音楽の日』と似た感じでお笑い特番をできないか、と提案したことがきっかけだったという。

■「お笑い“も”TBS」を目指す

「TBSといえば『半沢直樹』を筆頭にドラマが絶好調で、今年4月35日にスタートした阿部寛(56)主演の東大受験ドラマ『ドラゴン桜』も、第1話で個人視聴率は8.8%をマークし、今期スタートの民放ドラマで1位を獲得しています。となると、次に目指すはバラエティ番組。これからは“バラエティもTBS”にしたいのかもしれません。目下のライバルは、おそらくフジテレビでしょうね」(制作会社関係者)

日本テレビは『ダウンタウンDX』や『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』などを放送しているが、フジテレビの場合、『ワイドナショー』や『人志松本のすべらない話』、『人志松本の酒のツマミになる話』といった松本単独出演の番組が多い。

「TBSは、浜田雅功(57)についても04年から不定期放送していた『オオカミ少年』を今年4月から2度目のレギュラー放送化していますが、やはり“松本人志”のブランドは非常に大きい。それだけに、松本単独番組の多いフジに対抗して、“松本といえばTBS”というイメージを根付かせたいのかもしれませんね」(前同)

第七世代による『霜降りミキXIT』を筆頭に、お笑いコンテンツの開拓にも余念がないTBS。勝利の女神はフジとTBSのどちらに微笑むかーー。

元TOKIO長瀬智也も驚愕?ラストドラマに宮藤官九郎の人生「パクリ」問題噴出!

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加