【大雪】新名神で立ち往生10キロ 救助要請相次ぐ 「燃料尽きかけている」

【大雪】新名神で立ち往生10キロ 救助要請相次ぐ 「燃料尽きかけている」

  • 京都新聞
  • 更新日:2023/01/25
No image

【資料写真】新名神高速道路(甲賀市甲南町竜法師から土山方面を望む)

24日からの大雪により、新名神高速道路の甲賀土山インターチェンジ(IC、甲賀市)-菰野IC(三重県)間の下り線で多数の車やトラックが立ち往生している。滋賀県警高速隊は、立ち往生の区間は県域だけで約10キロに及ぶとみており、消防や警察に救助要請や苦情が相次いでいる。

中日本高速道路(ネクスコ中日本)によると、この区間は25日午前3時50分から通行止めにしたが、既に進入していた車が一般道に下りずに滞留し、うち一部の車が雪にタイヤがはまるなどして、立ち往生が発生した。新名神に車が集中した原因として、並行して走る名阪国道が通行止めになったことが考えられるという。

甲賀広域行政組合消防本部には、立ち往生している車のドライバーらから「車内で気分不良になった」などの119番が相次いだ。同本部によると1人を救急搬送したが、命に別条はない。現場ではネクスコ中日本のパトロールカーがドライバーらに飲料水や軽食、携帯用トイレを配布して回っているという。

滋賀県警には「車が進まない」などの110番が多数寄せられ、県にも渋滞に巻き込まれたとみられる人から「車が動かない」「燃料が尽きかけている」との電話が寄せられているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加