TVアニメ「境界戦機」10月4日放送スタート! 第1話冒頭スペシャル映像が解禁!

TVアニメ「境界戦機」10月4日放送スタート! 第1話冒頭スペシャル映像が解禁!

  • WebNewtype
  • 更新日:2021/07/21
No image

TVアニメ「境界戦機」キービジュアル (C)2021 SUNRISE BEYOND INC.

BANDAI SPIRITSとSUNRISE BEYONDがタッグを組むオリジナルロボットアニメ「境界戦機」が10月4日(月)よりテレビ東京、MBS、BS11で放送スタート!

主人公の椎葉アモウ

それに先駆けて、本日7月21日よりBANDAI SPIRITS公式YouTubeチャンネルで第1話の冒頭スペシャル映像が公開されました。機械好きの少年・椎葉アモウと自律思考型AIのガイが出会うまでを描いた物語の冒頭にオープニング映像を加えた、約11分の映像となっています。

本作は10月4日からの地上波放送に加え、YouTubeでのアーカイブ配信が決定しています。再送放送の2日後となる10月6日より、毎週水曜20時に最新話が無料配信されます。

また、本日発売の月刊ホビージャパン2021年9月号では、外伝となる「境界戦機 フロストフラワー」の連載がスタートしました。アニメとは異なるストーリーを、臨場感あふれる多彩な作例と文章で展開します。

さらに、プラモデルシリーズが続々とリリースされます。「境界戦機」に登場する人型特殊機動兵器AMAIM(アメイン)は、工業デザインを意識してリアリティを突き詰めた可動域と従来のロボットアニメの機体にはない機構が特徴となっており、作中設定である全高約10mとなる1/1スケールの構造検証を経て、1/72モデルで立体化されます。

「境界戦機 フロストフラワー」に登場するメイレスビャクチの9月発売を皮切りに、アニメに登場するメイレスケンブ、バンイップ・ブーメラン、メイレスジョウガン、特大型装甲特殊運搬車などが順次リリースされます。そのほか、「ロボット魂」やTシャツ、コレクションカードなどのリリースも決定しています。

【ストーリー】

西暦2061年、日本は支配された。4つの世界主要経済圏によって分割統治されるに至り、日本人は隷属国の人間として虐げられる日々を送っていた。日本は各経済圏が投入した人型特殊機動兵器 AMAIM(アメイン)が闊歩する世界の最前線となった。機械好きの少年・椎葉アモウは、ある日自律思考型AI「ガイ」と出会う。これをきっかけに、アモウは日本を取り戻すための戦いに身を投じることになる。自ら組み上げた AMAIM「ケンブ」に乗って。

【登場キャラクター】

■椎葉アモウ

人付き合いの苦手な16歳。パーツ集めが趣味。鬱々とした日々を過ごしていたが自律思考型AI「ガイ」との出会いで世界が変わる。

■鉄塚ガシン

レジスタンス組織に所属する16歳。冷静でぶっきらぼう。父の仇である謎の機体「ゴースト」を追っている。

■紫々部シオン

大人しめな性格の16歳。特技は薙刀。陶芸家であった祖父の跡を継ぎ、侵略によって廃窯となった「姫之焼」の復興を夢見ている。

【I-LeS(アイレス/自律思考型AI)】

■ガイ

I-LeS(自律思考型 AI)、いわゆる自我を持つAI。男気があって時に破天荒。アモウとは戦闘でも私生活でも良きパートナーで名コンビ。

■ケイ

ガイと同じ開発系譜を持つI-LeS。鉄塚の父が使っていた戦術AIからデータを引き継いでいる。性格は冷静で女性の声を発する。

■ナユタ

自称イタリア紳士のI-LeS。自分のことをアンジェロと呼ぶ。軽薄そうな口ぶりではあるがパートナーであるシオンに対して高い忠誠心を示す。

【メカ】

■ケンブ

近接戦闘型の MAILeS(メイレス/I-LeSを搭載したAMAIM)。搭乗者はアモウ。搭載AIはガイ。

■ジョウガン

射撃・狙撃を得意とするMAILeS。搭乗者は鉄塚。搭載AIはケイ。

■レイキ

搭乗者はシオン。搭載AIはナユタ。主な武器は薙刀。

【ホビージャパン連載「境界戦機 フロストフラワー」あらすじ】

大国に分割統治された日本。北の大地で活動するレジスタンス組織"際の極光"は、大ユーラシア連邦が極秘裏に運搬していたAMAIMの強奪に成功。そこに搭載されていた自律思考型のAIには驚くべき秘密が隠されており、やがて戦局は、かりそめの知性に翻弄されながら増大してゆく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加