韓東勲法務部長官、共に民主党の弾劾挙論に「軽く使う言葉か...国民が判断する」=韓国

韓東勲法務部長官、共に民主党の弾劾挙論に「軽く使う言葉か...国民が判断する」=韓国

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/09/22
No image

韓東勲、法務部長官(画像提供:wowkorea)

ハン・ドンフン(韓東勲)法務部長官は22日、共に民主党(野党)が自身に対する弾劾を挙論することについて「弾劾という言葉はそのように軽く繰り返し使えるのか疑問」と明らかにした。

韓長官はこの日、国会対政府質問(教育・社会・文化分野)で「共に民主党では法務部長官弾劾問題を近く議員総会に公式案件として上程するという話がある」というキム・スンス(金承洙)国民の力(与党)議員の質問にこのように答えた。

韓長官は「多数党の責任ある政治家たちが1か月以上私に対する弾劾を回りながら話している。具体的にどんな理由で私を弾劾するというのか聞いたことがない」と述べた。

続いて「やくざや麻薬、腐敗政治家の犯罪を捜査し、国民を犯罪から保護するということが弾劾事由になるのか、国民が判断すること」と述べた。

共に民主党では法務部の‘検捜原旧’(検察捜査権の原状復旧)施行令に強く反発し、一部では韓長官の‘弾劾カード’も言及されている状況だ。

また、韓長官は「共に民主党がソンナム(城南)FC後援金疑惑にイ·ジェミョン(李在明)代表を捜査対象にするのは明白な政治弾圧だという」との質問には「長い間、前政権で偏向性を疑われた警察でも捜査を続けてきた事件であるため、むしろ事件(捜査)が遅れた。事件を今になって(捜査)するという報復フレームは構造的に合わない構図だ」と反論した。

さらに「別に特別なことはない一般的な刑事事件だ。韓国の司法システムが適切な結果を透明に出すだろうし、当事者はそのシステムの中で防御すればよい」と強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加