横浜流星は球技苦手「バスケドリブルで親指骨折」

横浜流星は球技苦手「バスケドリブルで親指骨折」

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2020/10/17

俳優・横浜流星(24歳)が、10月16日に放送されたトーク番組「さんまのまんま秋SP」(関西テレビ系)に出演。球技全般が苦手で、バスケのドリブルをしようとしただけで親指を骨折したと語った。

No image

その他の大きな画像はこちら

空手の世界1位としての実績もある横浜だが、球技が「全くできない」とコメント。映画「きみの瞳が問いかけている」で共演した女優・吉高由里子も「球技ヤバかったです。絶対に(横浜が)女の子とデート行く前、練習付き合って上げるっていうくらい」と語る。

横浜によると、以前作品の中でバスケをするシーンがあったため、事前に練習することにしたが、「練習1日目で親指を骨折しました。ドリブルすらできないっていう」とのことで、吉高は「なんで……」と絶句した。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加