集団感染でも選手入れ替えで出場可能に コロナ指針改定 夏の甲子園

集団感染でも選手入れ替えで出場可能に コロナ指針改定 夏の甲子園

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/08/06
No image

阪神甲子園球場=兵庫県西宮市で、本社ヘリから

第104回全国高校野球選手権大会を主催する朝日新聞社と日本高校野球連盟は6日、大会の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを改定したと発表した。集団感染と判断されたチームは感染拡大に歯止めがかかり、感染拡大防止措置が講じられていると認められれば、登録選手の入れ替えで出場できるようにした。

【写真で見る】夏の甲子園組み合わせ抽選

さらに、集団感染と判断されたチームは試合前72時間以内に登録選手ら全員の陰性が確認されれば、出場が認められるとした。

改定前は、集団感染の際は「試合日程の変更で対応できる場合は、当該試合の日程を変更することもある」としていたが、登録選手の入れ替えなどは明記されていなかった。

主催者は「とにかく代表校に試合をしてほしい。一方で、感染拡大防止に最大限努めないといけない。それらを検討した結果、改定に至った」と説明した。

これまで浜田(島根)、帝京第五(愛媛)、有田工(佐賀)、九州学院(熊本)の4校が抽選会前に集団感染となり、抽選会後に県岐阜商が集団感染と判断された。【大東祐紀】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加