楽天・滝中瞭太は2勝目ならず 逆転のあとに崩れる 「これでは駄目ですよね。本当に申し訳ない」

楽天・滝中瞭太は2勝目ならず 逆転のあとに崩れる 「これでは駄目ですよね。本当に申し訳ない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/13
No image

楽天・瀧中瞭太は6回、西武・中村剛也に勝ち越しの本塁打を許す=ベルーナドーム(撮影・加藤圭祐)

(パ・リーグ、西武4―2楽天、6回戦、3勝3敗、13日、ベルーナD)今季2勝目を目指して先発した楽天・滝中瞭太投手(27)は六回途中まで7安打3失点。六回に逆転を許してマウンドを降り「先制されたのと、点を取ってもらった後の失点ですね。これでは駄目ですよね。本当に申し訳ないです」と肩を落とした。

二回、2四球と安打で2死満塁を招き、金子に初球のカーブを左前へ。1点は失ったが西川の好返球もありピンチを脱出。以降は立ち直り三、四回は三者凡退で打ち取り守備から流れをつくった。

六回に4番・島内の3号2ランで一時逆転。援護をもらったが直後に崩れた。六回、この日支配下登録された2番・滝沢にプロ初安打となる二塁への内野安打を打たれ、続く外崎の左前打で同点。その後、外崎の盗塁死で走者なしとなったが中村に左中間へ3号ソロを運ばれ逆転された。

前日12日のロッテ戦(楽天生命パーク)で開幕から33試合目で初の2連敗を喫した楽天。嫌な流れを吹き払うことはできなかった。(加藤次郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加