"数年に一度の寒波" JR北海道すでに193本運休 稚内市などで猛吹雪 厳寒で水道管凍結にも注意を

"数年に一度の寒波" JR北海道すでに193本運休 稚内市などで猛吹雪 厳寒で水道管凍結にも注意を

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道内は、数年に一度の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まっていて大荒れの天気となっています。道内は、日本海側を中心に風が雪を伴い非常に強くなっています。25日に予想される最大瞬間風速は、日本海側と太平洋側で35メートルとなっています。また、26日朝にかけて予想される雪の量は、日本海側の多い所で60センチ。太平洋側、オホーツク海側で40センチとなっています。猛吹雪による交通障害などに警戒が必要です。JR北海道は運行障害が見込まれるとして、1月25日は、特急23本や快速エアポート28本を含む193本の運休をすでに決めています。厳しい冷え込みが続いていて、水道の凍結にも注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加