「満足することない」芦名星さん語っていた女優業の原動力

「満足することない」芦名星さん語っていた女優業の原動力

  • 女性自身
  • 更新日:2020/09/16
No image

すべての画像を見る

女優の芦名星さんが亡くなったと9月14日に発表された。36歳だった。

各メディアによると芦名さんは同日、新宿区内の自宅マンションで亡くなっているところを親族に発見されたとのこと。死因については現在調査中だが、警視庁は自殺とみて調べていると報じられている。

02年にモデルとしてデビューし、同年6月にドラマ「しあわせのシッポ」(TBS系)で女優業に進出した芦名さん。生前は本誌にも登場し、女優業の魅力や原動力について語ってくれた。

初めて登場したのは、08年1月。日本、カナダ、イタリアの合作映画「シルク」で主要キャストに大抜擢されたときのことだった。芦名さんは「撮影はホントに楽しくて、監督や共演の方々と過ごした時間や話した一言一言のすべてが夢のようでしたね」と撮影を振り返り、「仕上がった映画を見たときも、『私、ホントに海外の作品に出てる!』という感じでした」と無邪気に笑っていた。

また「私自身を賭けてこの役に臨んでいたように思います」「それまでは、お芝居に限らずあれもこれもやりたいと思っていたのが、『シルク』をキッカケに、私は女優をやっていくんだと強く心の中で思うようになりました」と決意も語った芦名さん。女優業の魅力について、こう話している。

「役を演じるってホントに不思議なんです。カメラが回っている間は、私だけど私じゃなくて、私が思っていないことでも口走ってしまったり、私じゃない役の感性が感動して泣いたり。それは女優という職業にしかないとても感覚的な快感で、私はそれにとりつかれちゃってますね」

芦名さんは10年10月にも本誌に登場している。筒井康隆氏(85)の作家生活50周年を記念した映画「七瀬ふたたび」の主演を務め、筒井氏から「芦名星はもっとも七瀬らしい七瀬である」とも言わしめた芦名さん。「歴史があり、代々継がれている作品で、自分がいちばん新しいところにいる。素晴らしいものに携わったという実感があります」とコメント。さらに“女優業の原動力”について教えてくれていた。

「いつも『あのときはああ演じればよかった』と思う点があって満足することがない。それが次の仕事への原動力になっています」

それから10年後となる今年5月、芦名さんは「yomiDr.」にアップされたインタビューで女優業について「今でも変わらずに不安定な部分はありますし、『もうダメかも。次はないかも』と思うこともあります」と語っていた。

驕ることなく女優業への意欲が尽きなかった芦名さん。しかし36歳という若さで、生涯の幕を下ろすことになった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加