「入れてー」「いや、キミ入れんから...」美術館の警備員さんと猫のほのぼのすぎる“攻防戦”

「入れてー」「いや、キミ入れんから...」美術館の警備員さんと猫のほのぼのすぎる“攻防戦”

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/02/22

尾道市立美術館を知っていますか? 2匹の猫が山奥の小さな美術館を“世界的に”有名にした理由から続く

【写真】この記事の写真を見る(10枚)

No image

©️にごたろ/KADOKAWA

どうしても美術館に入りたい2匹の猫。そしてそれを阻止する警備員さん――。そんなひとりと2匹のゆるやかな攻防が繰り広げられていた尾道市立美術館。その日常はSNSを通じて世界的にも大きな話題になりました。2017年から続く、そんな美術館の毎日を、猫たちと警備員さん、それぞれの視点でコミカライズ。

『警備員さんと猫 尾道市立美術館の猫』(にごたろ)は、2021年1月にKADOKAWAより発売されたコミックエッセイ。広島県の尾道市の市立美術館を舞台に、2匹の猫と警備員さんの心温まる交流を描いている。書下ろし漫画に加えて、実際のかわいい猫たちの写真も30ページ以上収録。猫好きにはたまらない1冊。

(にごたろ)

にごたろ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加