【ヤクルト】村上宗隆不在で敗戦...広島出身の高津監督「いろんな意味で今日だけは勝ちたかった」

【ヤクルト】村上宗隆不在で敗戦...広島出身の高津監督「いろんな意味で今日だけは勝ちたかった」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

ヤクルト対巨人 巨人に連敗し、ぼうぜんとするヤクルトベンチ。右奥は高津監督(撮影・鈴木みどり)

<ヤクルト2-3巨人>◇6日◇神宮

ヤクルトは主砲不在の中、4安打で競り負けた。

登録抹消の村上宗隆内野手(22)に代わり、4番に入ったドミンゴ・サンタナ外野手(30)が1回に先制打を放ったが、試合を通じて打線がつながらず。高津臣吾監督(53)は「僅差のところ、次の1点とは思っていたんですけど、ちょっと打てなさすぎましたね」。この日は「原爆の日」。広島出身の指揮官は「ちょっと今日だけは勝ちたかったですね。いろんな意味で」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加