引っ込み思案なティーンからおしゃれセレブに......ケイティ・ホームズのスタイル変遷!

引っ込み思案なティーンからおしゃれセレブに......ケイティ・ホームズのスタイル変遷!

  • フィガロジャポン
  • 更新日:2022/08/06

2000年代を代表する女優であるトム・クルーズの元妻は、数十年にわたってファッション・シーンにその名を刻んできた。今回、彼女の著しいスタイリングの進化を紹介する。

No image

レギンス、上質なニット、デニムジャケット......。ケイティ・ホームズが長年愛用するユニフォームである(ニューヨーク、2011年9月9日)。photo: Abaca

ケイティ・ホームズは、20〜26歳までドラマシリーズ『ドーソンズ・クリーク』で憂鬱なジョーイ・ポッター役を演じた後、2005年にトム・クルーズと驚きの恋に落ち、アメリカで最もメディアに注目される婚約者となった。そして、それは決して偶然ではない。ケイティ・ホームズはもはやティーンエイジャーでないものの、メッセージTシャツ、ローライズのジーンズ、トレーナーを着た永遠のティーンエイジャーのイメージを構築し、1986年に『トップガン』に出演して以来、アメリカを魅了するスタートなったトム・クルーズの目に留まった。彼らのファンにとって、このロマンスは思いがけなかったものの、現代版おとぎ話のように注目し、非常に身近に思える恋愛だった。

トム・クルーズとの関係でケイティ・ホームズが変貌する。女優が二流イベントに手を出すのはもうやめた。そこからは、一流の社交場と豪華なプレミア試写会しかない。レザージャケットと生成りのジーンズという、パートナーのトムにならったスターらしい、ロックなスタイルからは脱却した。2008年のMETガラでは、「スーパーヒーロー:ファッションとファンタジー」というテーマのもと、真っ赤なスパンコールのついたストラップレスのドレスと、際立ったメイクアップを身にまとった。

スタイリストの問題

スターといえば、スタイリスト。知名度が急上昇中の彼女は、ファッションシーンの伴走者としてジャンヌ・ヤンを起用した。ジェイミー・ドーマンやルネ・ジャンパージュなど、数多くのアメリカ映画界の著名人のワードローブを担当している。2000年代半ばにトム・クルーズの紹介で知り合った二人。このファッションのプロは、ケイティ・ホームズのワードローブとして長く愛用されることになり、彼女たちのコラボレーションは、2012年に衝撃的な離婚でその関係を終えたカップルの後もずっと続いていく運命にあった。

二人の女性は、「ホームズ&ヤン」というブランドを誕生させるほど理解し合っている。ケイティ・ホームズのトレードマークである親しみやすいスタイルでコレクションを展開する、母と娘のためのレーベルだ。このレーベルは、女優の着こなしが想像できるような、シンプルでエレガントな服が多いのが特徴である。

特別なニット

ケイティ・ホームズのスタイルが本当の意味で成熟するのは、2019年である。一部のファンにとっては、ファッション・アイコンのような存在にさえなっていた。それは、6年間交際した俳優のジェイミー・フォックスと破局した直後のことであり、一目瞭然だった。

ブランド「ケイト」のブラとニットカーディガンを身につけ、ジーンズを履いて、ニューヨークの街角で撮影された。シンプルで、ある種のエレガンスと官能的な雰囲気を漂わせる。ファッションの専門家が「リベンジ・ルック」と呼ぶにふさわしいものであった。

No image

カシミアのブラとカーディガン、ケイティ・ホームズのスタイル復活を告げるルック(2019年8月27日、ニューヨーク)。photo: Abaca

現在、ジャンヌ・ヤンとのスタイリスト契約は終了している。そして、彼女のファッションの変化はアメリカの雑誌『InStyle』のファッション・ディレクター、ジュリア・ヴォン・ベームという新たなスタイリストのおかげである。彼女は、女優が大切にしているベーシックな切り札を使いながら、小さなトレンドブランドを取り入れ、女優のワードローブを変身させたのである。このスポットライトの後、ラグジュアリーブランドとカジュアルなアイテムを組み合わせたルックが続々と登場した。ニューヨークの街では、ケイティ・ホームズがアイコニックな小さな赤いシャネルのジャケットを着て、あるいはオーバーサイズのトレンチコートを着て登場している姿が目撃されている。そして、彼女は、これまで以上に、影響力の最前線に立っているのだ。

【写真】ケイティ・ホームズのスタイルの進化

No image

『ドーソンズ・クリーク』シリーズで一躍脚光を浴びたジョーイ・ポッター役のケイティ・ホームズ(アメリカ、1997年)。

No image

第50回エミー賞では、ケイティ・ホームズがレースのロングドレスにオールホワイトのローズバッグを添えてレッドカーペットデビュー(ロサンゼルス、1998年)。

No image

映画『go』のプレミアで、アメリカ人女優はレザーブレザーでダークなワードローブを演じた(ハリウッド、1999年)。

No image

MTVアワードでは、ケイティ・ホームズがトラペーズスカートのアンサンブルで登場し、ややカジュアルなスタイルに(ロサンゼルス、1999年)。

No image

クリス・クラインと共に、きらびやかなドレスでMTVアワードに登場したケイティ・ホームズ(アメリカ、1999年)。

No image

映画『レッド・ドラゴン』のプレミア上映会でローライズジーンズとベルベットブレザーを着たケイティ・ホームズ(ニューヨーク、2002年)。

No image

マンハッタンの街角で、ケイティ・ホームズは「近所に住んでいそうな女の子」というカードを使う(ニューヨーク、2003年10月9日)。

No image

トム・クルーズとのロマンスの最中、ケイティ・ホームズはジョン・ガリアーノ時代のディオール2005年春夏コレクションのフロントローに招待された(パリ、2004年7月4日)。

No image

トークショー『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』の収録に向かう際のケイティ・ホームズ。ローライズのジーンズは手放せない(ニューヨーク、2005年6月9日)。

No image

巻き髪ヘアのケイティ・ホームズとロックスターなトム・クルーズ、『宇宙戦争』のプレミアに登場(ロサンゼルス、2005年)。

No image

『ミッション・インポッシブル3』のプレミアで、華やかに登場したトム・クルーズとケイティ・ホームズ(ビバリーヒルズ、2006年)。

No image

シャネル2007年春夏コレクションのショーに登場したヴィクトリア・ベッカムとケイティ・ホームズ(パリ、2006年)。

No image

ケイティ・ホームズ、グリーンサテンのストラップレスドレスでアルマーニのディナーへ(パリ、2007年1月24日)。

No image

ケイティ・ホームズ、ストラップレスドレスで『デンジャラスな妻たち』のプレミアに登場(カリフォルニア州、2008年1月9日)。

No image

ストラップレスの赤いスパンコールドレスで、ケイティ・ホームズはトム・クルーズと一緒にMETガラに出席した(ニューヨーク、2018年5月5日)。

No image

ジーンズにバレエシューズを合わせたケイティ・ホームズは、全身快適な着こなしに新しい息吹を吹き込んでいる(ボストン、2009年10月10日)。

No image

ニューヨークの街を歩くケイティ・ホームズ(ニューヨーク、2011年9月9日)。

No image

マイケル・コース2014年春夏コレクションのショーで、ケイティ・ホームズは春のアンサンブルを着用(ニューヨーク、2013年9月11日)。

No image

ブラックサテンのロングドレスで、「Touched With Fire(日本未公開)」プレミアに登場したケイティ・ホームズ(ニューヨーク、2016年2月10日)。

No image

花柄のアンサンブルで、ケイティ・ホームズが米NBCのトーク番組「トゥデイ」に登場(ニューヨーク、2017年8月16日)。

No image

白のスーツ、黒のスリムフィット、オープントゥのヒール。お洒落なソーホーの街角のケイティ・ホームズ(2018年10月16日、ニューヨーク)。

No image

Kaithe‘(ケイト)のメッシュアンサンブルで、ケイティ・ホームズはセンセーションを巻き起こす(ニューヨーク、2019年8月)。

No image

ウールコート、ジーンズ、レザーブーツ。ケイティ・ホームズが頼りするのは、効果的でトレンド感のあるベーシックなアイテム(ニューヨーク、2019年)。

No image

シャネルのアンサンブルで登場したケイティ・ホームズ(ニューヨーク、2019年11月4日)。

No image

ケイティ・ホームズ(ニューヨーク、2020年2月10日)。

No image

ヴァニティ・フェアのオスカーアフターパーティで、エバネッセンス(アメリカのバンド)風な黒のクロエのドレスを着たケイティ・ホームズ(ビバリーヒルズ、2022年3月27日)。

No image

ハイウエストのパンツとクロップトップで、マンゴのイベントに出席したケイティ・ホームズ(ニューヨーク、2022年5月11日)。

No image

大きなストライプのシャツに、ハイウエストのブラックジーンズ。アメリカ人女優の彼女が、夏のカジュアルな装いで登場(ニューヨーク、6月7日)。

No image

ニューヨークの街角で、ケイティ・ホームズが再びクロップトップを着用(ニューヨーク、2022年6月18日)。

text: Alexander Peters (madame.lefigaro.fr) translation: Hanae Yamaguchi

フィガロジャポン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加