ソフトバンク“満塁男”の甲斐が適時打 今季満塁打率8割

ソフトバンク“満塁男”の甲斐が適時打 今季満塁打率8割

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/04

(パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、7回戦、4日、ペイペイD)ソフトバンク・甲斐拓也捕手(28)が「6番・捕手」で先発出場。三回1死満塁で左前適時打を放った。

「みんなで作ったチャンスだったので絶対返す気持ちで打席に立ちました。うまく対応できました。大きい追加点を取れたと思う」

3-1の三回、2安打と四球で1死満塁。打席には打撃好調を買われ、6番起用の甲斐だ。1ボールから124キロを振り抜くと、打球は三遊間を真っ二つ。これで今季満塁打率・800(5打数4安打)、6打点。勝負強さを見せつけ、貴重な追加点を生み出した。

故野村克也さん、城島健司会長付特別アドバイザーら「打てる捕手」を輩出してきたホークス。持ち前の守備面はもちろん、11年目の甲斐が打撃面でも成長している。

No image

3回、ソフトバンク・甲斐が適時打を放つ =ペイペイドーム(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加