ブラジル代表MFパケタが凧揚げ中に左手を負傷、手術実施も「問題ない」

ブラジル代表MFパケタが凧揚げ中に左手を負傷、手術実施も「問題ない」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/06/23
No image

リヨンのブラジル代表MFルーカス・パケタが、凧揚げ中に負傷したようだ。

【写真】左手に包帯を巻いた笑顔のパケタ

現在オフシーズン中につきバカンスを過ごしているパケタ。日本代表とも対戦した今月のインターナショナルマッチウィークを終え、来るシーズンに向けて英気を養っているところだ。

しかし、そんなパケタに予想外の事故が起きた。凧揚げを楽しんでいたところ、誤って左手の指を切ってしまったようだ。SNSで包帯をしっかり巻いた痛々しい姿を見せているが、本人曰く「大したことない」とのこと。ただ、今後に支障が出ないように小さな手術を実施するという。

リヨンで2年目を迎えた今季のパケタは、リーグ・アンで35試合に出場し9ゴール6アシストを記録。11月に開幕するカタール・ワールドカップに向けて、新シーズンのアピールに期待だ。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加