鶴竜が御嶽海に16戦全勝 持病の腰痛も回復...進退懸けた春場所へ手応え上々

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/21

4場所連続休場中の横綱鶴竜(35)=陸奥=が20日、東京・両国国技館内の相撲教習所で始まった合同稽古で小結御嶽海(出羽海)を指名し、16戦全勝と圧倒した。進退の懸かる春場所(3月14日初日、両国国技館)での再起を目指し、一歩を踏み出した。

他の部屋の関取と相撲を取るのは昨年7月場所初日以来、7カ月ぶり。前みつを引いて素早い出足や、もろ差しなど動きを確認した。

「なるべく今場所で当たる相手とやって、(実戦の)感覚をつかんでいくしかない。ここまで順調にきている」。持病の腰痛も回復し手応えは上々だ。

鶴竜は昨年11月場所、横綱白鵬(宮城野)とともに横綱審議委員会から史上初の「注意」決議を受けた。25日までの合同稽古には白鵬も途中合流する見通しだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加