元同僚・林彰洋が“タケフサ”決勝弾を称賛「キーパーからしたら...」

元同僚・林彰洋が“タケフサ”決勝弾を称賛「キーパーからしたら...」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/23
No image

FC東京のGK林彰洋が元チームメートのU-24日本代表MF久保建英(レアル・マドリー)のゴールを自身のツイッター上(@hayashi_akihir0)で解説した。

U-24日本代表は22日、東京五輪グループリーグ初戦でU-24南アフリカ代表と対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半26分に久保のゴールで先制した日本が1-0の完封勝利を収めた。

久保はこの試合で再三のシュートを放つも決めきることができなかったが、そのほとんどがニアサイドを狙うもので、林によるとこれが値千金の決勝弾を生んだという。

久保がFC東京在籍時にチームメートだった林は、自身のツイッターを通じて「NICE GOAL キーパーからしたら前半からのタケフサのニアへの数回のシュートが予備線になってるはず」とコメント。ゴールキーパー目線で久保の巧みな駆け引きを称えた。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2021シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加