女王米国まさか0-3「お尻を蹴飛ばされた感じ」ラピノー 45戦ぶり敗戦

女王米国まさか0-3「お尻を蹴飛ばされた感じ」ラピノー 45戦ぶり敗戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

スウェーデンに大敗を喫し、ガックリする米国イレブン(ロイター)

<東京オリンピック(五輪):サッカー・スウェーデン3-0米国>◇21日◇女子1次リーグG組◇味の素スタジアム

サッカー世界女王の米国(FIFAランキング1位)は、まさかの黒星発進となった。同5位スウェーデンに0-3で完敗し、国際Aマッチでは19年1月19日のフランス戦(1-3で敗戦)以来、45試合ぶりに土を付けられた。FWラピノーは「お尻を蹴飛ばされた感じ? 私たちは少し緊張していて、バカなミスをしてしまった。最後に点を取られた試合を覚えていないほどなのに、3点も与えてしまうなんて」と嘆き節。直近の世界大会である19年女子W杯フランス大会を制した強豪が、想定外のスタートを切った。

スウェーデンFWブラクステニウスに2得点を献上した。3失点のうち2失点は、右クロスからのヘディングという同じ形だった。指揮官は「自分たちで大きな穴にはまってしまった。でも我々はそこから抜け出せる唯一のチーム。決して諦めない」と、2日間で立て直しを図る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加