長崎や佐賀のJR沿線を「ふたつ星4047」でゆったり旅はいかが

長崎や佐賀のJR沿線を「ふたつ星4047」でゆったり旅はいかが

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ長崎

こちらは、ゆったりとした鉄道の旅を楽しめます。

新幹線開業に合わせて、23日、長崎と佐賀をめぐる観光列車「ふたつ星4047」がデビューしました。

23日、運行が始まった観光列車「ふたつ星4047」。

長崎と佐賀の武雄温泉を約3時間かけてゆったりとめぐります。

KTN記者 「雲とヨットをイメージしたパールホワイトの車体に、金色の帯があしらわれた上品なデザインです。海辺の景色によく映えそうですね」

JR長崎駅で開かれた出発式には、多くの鉄道ファンが訪れデビューの瞬間を見守りました。

東京から 「西九州新幹線に乗ってたまたまこれも取れたので両方。2号車のラウンジと大村湾の景色が(楽しみ)」

「出発!」

列車は3両編成です。

2号車は1両まるごとラウンジスペースで、ゆっくりとくつろげるソファ席もあります。

定員は87席で、23日は満席でした。

車内では、熱々のスフレなど、長崎・佐賀の食材を使ったスイーツや飲み物を購入できのんびりと鉄道旅行を楽しみながら地元の味を堪能できます。

KTN記者 「列車の最大の売りは車窓から臨む海沿いの景色です。日が暮れるにつれて夕映えの海が広がります」

武雄温泉から長崎に向かう午前の便と、長崎から武雄温泉に行く午後の便の1日1往復です。

長崎では大村湾、佐賀では有明海を車窓から眺めることができます。

またすべての停車駅で乗り降りでき、特産品の販売や地元のおもてなしを受けられます。

千綿駅では列車の到着に合わせて「くじら焼き」の販売も!

西九州新幹線と組み合わせた期間限定の往復切符も販売されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加