トワイライト以外にも!ロバート・パティンソン出演映画まとめ

トワイライト以外にも!ロバート・パティンソン出演映画まとめ

  • コスモポリタン
  • 更新日:2022/01/18
No image

俳優ロバート・パティンソンと言えば『トワイライト』シリーズのエドワード役や、『ハリー・ポッター』シリーズのセドリック役を演じたりと、ティーンエイジャーに人気の俳優というイメージが根強いはず。しかし近年では、実力派俳優として様々な役柄を演じ、その演技力が高く評価されています。

次期「バットマン」にも抜擢され、2022年に『THE BATMAN-ザ・バットマン―』の公開を控えるなか、本記事では絶対に観ておきたいロバート・パティンソンが出演する映画をピックアップ!

公開から13年…大ヒット映画『トワイライト』キャストの現在

『TENET テネット』

CIA特殊部隊員としてウクライナでのテロ鎮圧を試み、テロリストに捕らわれてしまった主人公。ある組織に命を救われ、時間移動が可能な未来から送り込まれた敵と戦い、世界を救う「TENET」というミッションに参加することに。

ロパート・パティンソンは主人公の相棒役として出演し、物語の大きな鍵を握る役柄を演じます。

『TENET テネット』を観る

『グッド・タイム』

知的障害を持つニックを弟に持つコニー(ロバート・パティンソン)は、二人で暮らす牧場を買う資金を貯めるため、犯罪に手を染めトラブルに巻き込まれていく…。

「ハンサム」や「紳士的」というイメージを払拭し、不良役を演じた姿がロバート・パティンソン史上最高の演技だと評されました。

『グッド・タイム』を観る

『キング』

自由奔放な生活を送っていたイングランドのハル王子(ティモシー・シャラメ)は、父親であるヘンリー4世の急死によって、ヘンリー5世として即位することに。国内外の対立や権力争いなどに立ち向かい、王となる姿を描きます。

強烈なキャラクターを持つフランスの王子ドーファンを演じるロバート・パティンソンの怪演に注目!

『キング』を観る

『ライトハウス』

舞台は1890年代、ニューイングランド。孤島で灯台守として派遣されてきた世代の異なる老人(ウィレム・デフォー)と若者は、嵐が島を襲うなか衝突しあう。

ロバート・パティンソンは若い灯台守エフレイム・ウィンスロウを演じ、名優ウィレム・デフォーと共演を果たしました。

『ハイ・ライフ』

極刑を下された9人の重犯罪人たちは、刑の免除と引き換えに宇宙船での実験に参加することに。3年以上密室で過ごす彼らの精神は限界に達するなか、目的地のブラックホールが近づく…。

乗組員の一人で主人公モンテを演じるロバート・パティンソンの、「絶望感」溢れる熱演が話題に!

『ハイ・ライフ』を観る

『悪魔はいつもそこに』

舞台は米オハイオ州の田舎町。亡き父にまつわるトラウマを抱えながら、祖母や妹を守ろうと奮闘するアーヴィン。そんな彼を取り巻く邪悪な人々により、悲劇に巻き込まれてしまう…。

俗世の欲にまみれた牧師を演じるロバート・パティンソンと、同じくイギリス人俳優のトム・ホランドが、アメリカ南部アクセントの英語に挑戦!

『悪魔はいつもそこに』を観る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加