13歳松島輝空敗退 張本の最年少V記録更新ならず

13歳松島輝空敗退 張本の最年少V記録更新ならず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

全日本卓球選手権ジュニア男子シングルス準々決勝 ラリーを返す松島輝空(撮影・岩下翔太)

<卓球:全日本選手権>◇第4日◇14日◇丸善インテックアリーナ大阪◇男女ジュニアシングルス、男女シングルス◇無観客

将来の日本のエース候補で中学1年の松島輝空(そら、13=JOCエリートアカデミー)が男子ジュニア史上最年少優勝を逃した。準々決勝で篠塚大登(愛知・愛工大名電高)に2-3で敗れた。松島はこの日「13歳260日」で優勝すれば、張本智和の持つ最年少V記録「14歳205日」を更新できていた。

篠塚は過去「3試合ぐらいして」全敗。サウスポー同士で第1ゲームを失い、2ゲーム連取したが、第4、5ゲームを落として逆転負け。第5ゲームは4-11と大差をつけられた。

松島はマスク姿でのリモート会見で鼻をすすり上げながら「自分より格上の相手。自分ができるプレーは全部出した。相手が強かったです」。この日は一般のシングルスも3回戦で敗退した。ジュニアで4強に残った岡野俊介(愛工大名電高)に0-3。「まだまだレベルが足りない」。13歳には厳しい1日となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加