5畳の寝室を上手にレイアウト。狭いと感じさせないベッド配置のコツとは

5畳の寝室を上手にレイアウト。狭いと感じさせないベッド配置のコツとは

  • folk
  • 更新日:2021/01/14

5畳の寝室レイアウト特集

部屋の寝室が5畳の場合、どのようにすれば良いのか分からず悩みますよね。そんな時はこれから紹介するアイデアを活用して真似をしてみませんか?ここでは狭さを感じさせない5畳の寝室レイアウトをピックアップしているので、参考にしてみてはいかがでしょうか?またサイズ別のインテリアに分けているため、それぞれお気に入りを見つけてくださいね。早速どんな5畳の寝室レイアウトがあるのか見ていきましょう!

5畳の寝室レイアウト【シングル×1】

一人暮らし部屋におすすめの寝室

低いシングルベッドを配置して、ソファ代わりにするインテリアです。テーブルを置くことで食事ができるスペースが生まれます。1人だと寝室は5畳くらいになってしまうことが多いので、このようなレイアウトにすると良いでしょう。間接照明を使えばまるで秘密基地のようなコーディネートになり、お気に入りのレイアウトになるはず。これなら5畳でもきっと自分の好きな空間にできますよ。

優しい光に包まれる配置の寝室

部屋にある大きなすりガラスの窓の近くにシングルベッドを置いて、優しい光が入るようにしています。5畳の場所でもこのような感じで楽しめますよ。寝室には時計やおしゃれな飾りをかけて落ち着ける雰囲気にしています。遮断カーテンではないので優しい光が入り込み、朝の目覚めが最高に。ベッドのカバーとカーテンのコーディネートがとても素敵です。

すのこマットレスを配置する寝室

5畳のような狭いところに寝室を作るレイアウトです。特に縦長の部屋は大きなものが置けないので、ちょっとした工夫が必要になります。インテリアに可愛い飾りを壁にかけて可愛くするのがおすすめ。5畳でも自分だけの秘密部屋ができます。近くには机などを置いてコンパクトなレイアウトに。これなら5畳の一人暮らしでも十分コーディネートが楽しめるはずです。

両端を広々使う配置の寝室

5畳部屋のど真ん中にシングルベッドを置いて広々使うアイデアです。このような配置をすれば、通り道ができて便利ですよ。殺風景になりすぎないシンプルなインテリアになっています。壁紙とベッドシーツのコーディネートも落ち着いた雰囲気を出していて、深い眠りにつけそうです。サイドにはスツールやチェストを置くと美しくレイアウトできます。簡単にできる5畳のアイデアに。

【シングル×2】5畳の寝室レイアウト

ポップなレイアウトにする寝室コーディネート

5畳でも正方形の形をした部屋であればシングルベッドを2つ置けます。インテリアとしてポップな雰囲気にすることで、寝室を明るい印象にできますよ。真ん中に置くレイアウトであれば両端に空間ができて余裕をもって通れます。お気に入りのベットカバーをかけてアクセントをつけてくださいね。可愛い感じの5畳にしたい時にも活用しましょう。

ゆったりスペースを作る寝室コーディネート

5畳の壁にシングルベッドを2つくっつけて、空いたスペースに子供のテーブルを置いたレイアウトです。ベッド端に寄せることでその分広めのスペースが生まれ、小さなテーブルなどが配置できますよ。子供達が遊べる場所を作ってあげて疲れたらすぐ寝れるようなレイアウトに。狭い5畳におすすめのアイデアです。きっと子供たちがお気に入りの部屋になるでしょう。

パレットに2つ置く寝室コーディネート

便利なアイテムを使って高さを出した人気のレイアウトです。シックなインテリアになり、使い勝手の良い寝室になるでしょう。5畳部屋に棚などがある場合はこのようにすると便利ですよ。真ん中に配置をして取りやすいようにしています。ベッドを2つつけているので、広々と使えます。グレー系のベッドカバーで統一することでナチュラル感が出せるでしょう。

温かみのある寝室コーディネート

まだ小さい子供であればシングルベッドを2つつけてお母さんも一緒に寝られるようにできます。5畳部屋でもこの配置であればしっかりと収まりますよ。温かみのある壁紙や間接照明を置いて、ゆっくりリラックスできるインテリアに。このような形であれば縦型の5畳でもできるアイデアになります。真ん中に溝ができてしまうので、大きめのベッドシーツを1枚敷くと良いかもしれませんね。[mobile][toc][/mobile]

5畳の寝室レイアウト【ダブル×1】

ダブルベッドの寝室レイアウト

5畳の部屋でも正方形であれば余裕を持って配置できます。インテリアにサイドテーブルを置けるくらいの余裕ができますよ。狭い所でも壁側につけることで通り道をしっかり確保できます。小窓には薄いカーテンをつけて優しい光が入り込むようにコーディネートしています。清潔感のある寝室にすることで、毎日の暮らしが丁寧に過ごせそうですね。おすすめのレイアウトでぐっすり眠りましょう♪

レンガ風の壁と合わせる寝室レイアウト

壁のインテリアとしてレンガ風に施した部屋にダブルベッドを置く実例です。5畳の部屋の真ん中にダブルベッドを配置することで、両端が通れるくらいのスペースができます。ダブルベッドのカバーは、レンガ風と合わせてコーディネートすると美しく見えますよ。寝室の広さがない場合でもこのような雰囲気に作ればスッキリできます。5畳でもゆとりが出るのでおすすめのインテリアです。

白をベースにする寝室レイアウト

全体的に白いコーディネートをすることで、清潔感のあるインテリアが生まれます。5畳の場合でもダブルベッドを置けるため、このような配置を真似してみましょう。枕とクッションを合わせるとラグジュアリーな雰囲気が出て美しく見えますよ。5畳の部屋で満足できるレイアウトになるでしょう。ラグを敷けばさらにホテルライクな感じになり、毎日寝るのが楽しみになります。

アジアンテイストにする寝室レイアウト

赤紫のような壁紙にダブルベッドを置いて、アジアンテイストなインテリアに仕上げています。近くには観葉植物を配置し、コーディネートしているため狭さを感じさせません。その他にも寝室部屋に、サイドテーブルや立木などを置いてレイアウトすることで楽しい寝室になりますよ。素敵な5畳の空間を作ってリラックスしてくださいね♪

【ロフトベッド】5畳の寝室レイアウト

勉強もできる寝室インテリア

一人暮らしはそれほど広い部屋が必要ないので、寝室が5畳でも十分に暮らせます。ロフトベッドは下のスペースが有効活用できるため勉強机などを配置しましょう。男前なレイアウトにすることでお友達に自慢したくなるコーディネートに。カーテンはあえてブラインドを使用することでさらにシックな印象を与えてくれます。5畳を思う存分楽しめるレイアウトですよ♪

子供部屋の5畳寝室インテリア

狭い場所でもうまく収まるようにベッドをDIYしたレイアウトです。これなら子供が喜んでくれそうなコーディネートに。エアコンの配置が気になる場合は、リメイクシートで変身させるのも良いでしょう。5畳にぴったりなレイアウトにすることで、可愛く見せられます。下に様々なものを入れられるような入れ物を置いていますよ。テンションが上がってなかなか寝てくれないかもしれませんね。

勉強場所も同じの寝室インテリア

子供がまだ小さいのであれば5畳でも十分な広さなので、勉強場所も一緒にした空間にしましょう。インテリアにはガーランドやヘリンボーンなど飾ってにぎやかに配置しています。このような部屋であれば子供が自由に遊んだり勉強したりできますよ。5畳でもこのようなレイアウトであれば場所を確保できて便利です。子供が好きそうな5畳のコーディネートをしてあげてくださいね。

デコレーションする寝室のインテリア

狭い空間でも充分ゆとりができるレイアウトです。収納扉を外して見せるインテリアにすることで、おしゃれな寝室ができます。ロフトベッドを使えば5畳部屋でも、十分にスペースの余裕ができるようになりますよ。子供の部屋にするのであれば、デコレーションボールを飾って遊び心をくすぐるのも良いでしょう。人気のレイアウトなので広くない場所に作ってみてはいかがでしょうか。

5畳の寝室レイアウトまとめ

5畳でも意外と様々なレイアウトができるのに驚きますよね。ここで紹介した寝室は、どれも簡単にできるアイデアばかりなので真似をしてみてください。今あるサイズを見てうまくレイアウトしてみてください。寝室というのはとても重要な場所なので、落ち着けるような空間にすることが大切です。深い眠りがつけるような寝室にすることで、良質な睡眠が得られて毎朝スッキリ起きられますよ♪

aigekkaneko

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加