嵐の12月スタートに 低気圧が急発達し全国的に風雨強まる

嵐の12月スタートに 低気圧が急発達し全国的に風雨強まる

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

2021/11/25 17:09 ウェザーニュース

月末11月30日(火)から12月1日(水)にかけて、全国的に風雨が強まり、荒れた天気となる見込みです。嵐の12月スタートとなる可能性があります。

局地的に激しい雨の降るおそれ

今週に入って続いている冬型の気圧配置は週末になると弱まります。週明けの29日(月)にかけては日本海側の天気も回復する見込みです。ただ、穏やかな天気は長くは続きません。月末の30日(火)になると西から低気圧や前線が近づいて、西日本から天気が下り坂に向かいます。

12月1日(水)は低気圧が発達しながら日本海北部を通過し、そこから伸びる前線が日本列島を通過していく見込みです。低気圧や前線の前面には暖かく湿った空気が流れ込み、後面には強い寒気が控えているため、雨雲が発達し局地的に激しい雨の降るおそれがあります。低気圧の発達により風も強まって、12月スタートは荒天に見舞われる予想です。

低気圧、前線の通過前後で気温急変

No image

来週の天気と気温

低気圧や前線の通過前は南から暖かな空気が流れ込み、通過後は寒気に覆われるため、気温変化が大きくなります。

各地の予想気温を見ると、札幌市は通過前の12月1日(水)の最高気温が15℃なのに対し、通過後の2日(木)は5℃と1日で10℃も気温が低下する予想になっています。西日本でも福岡市は30日(火)の17℃が1日(水)は12℃と大きく下がる予想です。

気温変化も大きい上、低気圧の急発達で気圧変化も大きくなりますので、体調管理に気をつけてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加