京都国際、春の無念晴らせず 左腕森下、夢は親友に

京都国際、春の無念晴らせず 左腕森下、夢は親友に

  • 産経ニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

【一関学院―京都国際】一回、一関学院の小松に2点三塁打を浴びる京都国際の森下=8月6日、甲子園(林俊志撮影)

新型コロナウイルスの集団感染で、今春の選抜大会は無念の出場辞退となった京都国際。その悔しさを晴らすはずの夏は、大会初日で終わった。6日、全国高校野球選手権大会第1日の第3試合で一関学院に5―6で敗れ、小牧監督は「きょうは完敗。ただ最後まで楽しむというテーマは実践できた」と笑顔でプレーしたナインをたたえた。

執念を見せた。4点を追う八回、打ちあぐねていた相手先発、下手投げの小野涼から2点を奪った。九回も1死二、三塁から平野が同点打。しかし、延長十一回1死二塁、3番手の松岡がサヨナラ打を打たれた。

先発の左腕森下が本調子ではなかった。1点リードの一回1死から甘い球を狙い打たれ、4長短打で3失点。三回にも1点を失い、この回限りで降板した。5月初めにヒジを痛め、投球を再開したのは7月半ば。急ピッチで調整したが「状態は70%ぐらいだった」と打ち明けた。

森下は選抜を辞退してからの時期を「苦しいことばかりだった」と振り返る。6月、自分たちの代わりに選抜に出場し、決勝まで進んだ近江(滋賀)と練習試合が組まれた。躍動するエース山田ら近江ナインを見て「気持ちが上がった」。そのとき、山田と交わしたのが「甲子園で投げ合う」という約束。それは果たせなかったが、夢は親友に託す。「もう自分らは日本一になれない。後は任せたと言いたい」。左腕は最後は笑顔で甲子園を去った。(鮫島敬三)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加