男子シンクロ板飛び込み・寺内、坂井組が逆転7連覇 4本目終了時3位も5、6本目で高得点連発

男子シンクロ板飛び込み・寺内、坂井組が逆転7連覇 4本目終了時3位も5、6本目で高得点連発

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇飛び込み日本選手権第1日(2022年8月5日 日環アリーナ栃木)

No image

寺内健

男子シンクロ板飛び込み決勝は寺内健(41)、坂井丞(29=ともにミキハウス)組が392・64点で7連覇を達成した。4本目終了時には3位だったが、5、6本目の終盤の2本で高得点を連発して逆転した。

寺内は2位で世界選手権出場を逃した2月の代表選考会後は練習強度を落とし、約1カ月前に本格的なトレーニングを再開。「優勝できてホッとしました」と笑顔を見せた。

昨夏の東京五輪で馬術の杉谷泰造に並ぶ日本勢の夏季五輪最多6度目の出場。24年パリ五輪に出場すれば単独最多になる可能性があるが「簡単に目指すとは言えない。まず来年の世界選手権を目指して、一日一日やりたい」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加