フジTVの外資規制違反より深刻。楽天の中国提携が日本に与える大損害

フジTVの外資規制違反より深刻。楽天の中国提携が日本に与える大損害

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2021/05/04
No image

菅首相の長男が総務省接待問題に関わった疑惑を大々的に報じられた「東北新社」の子会社が、議決権を持つ外資比率が2割以上を超えると放送できないとする「外資規制」に違反していたことが判明し、衛星放送の認定が取り消された問題が先月に話題となりました。その後、フジテレビも過去に「外資規制違反」状態だったことがわかり、その報道に批判の声が多くあがりましたが、米国在住作家の冷泉彰彦さんはメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、フジのケースは手続きの問題だけであり、楽天と中国テンセントの提携発表の方が「もっと深刻な問題をはらんでいる」と指摘しています。

楽天=テンセント提携、問題は個人情報流出だけではない

フジテレビ(CX)や東北新社など、放送業者に関する「外国人出資」がやたらと問題になっていました。確かにメディアが外国勢力に支配されるのは良くありません。FOXグループのように、「それぞれの国のナショナリズムを徹底して煽るのが金もうけ」というような悪質業者が入ってきては大変だからです。

ですが、こうしたケースは、実は株主総会における議決権付与をするかどうかでコントロールできます。ですから、問題のほとんどは事務的な手続きにおける形式論なのですが、それでも、監督官庁の権限というのは、形式を整えさせる中で行使されるので、この種の騒ぎは収まりません。

ところで、このCXや東北新社の問題と比較しますと、楽天グループが中国IT大手の騰訊控股(テンセント)子会社から出資を受けたという問題は、はるかに深刻です。

この問題ですが、まず顧客情報などがテンセントを通じて中国当局に流出する懸念が拭えないという問題があります。楽天は通販ビジネスのマーケティングだけでなく、金融、旅行、そして最近では携帯電話のキャリアとしても活動しており、膨大な個人情報を抱えています。これが、国外に流出しては大変です。

けれども、例えば中国政府として、わざわざ日本の通販や携帯の消費者データを集めるということの意味は、それほどないと思われます。例えば中国批判を繰り返している人をブラックリスト化して、中国に入国しないようにさせたとして、そこにそれほどの意味があるとは思えません。また、個人情報を中国の企業がマーケティング目的で悪用するとして、それが即座に大きな脅威になるとも思えません。

問題は、楽天グループが展開しているビジネスは、日本の中でも収益が見込まれ、また成長の可能性がある産業だということです。過去はともかく、これからの日本における小売りやサービスにおける主要産業、有望産業といって構わないでしょう。

にもかかわらず、楽天は国内で資金調達ができなかったわけですし、結果的に「うまみ」を見いだしたテンセントが出資をしたわけです。こんなことを続けていると、日本経済は益々衰退してしまい、多少なりとも競争力の残っている部分は、その「うまみ」を海外勢に持って行かれるだけとなります。

テンセントを敵視するのは簡単ですが、今回の事件の本質はそうではありません。問題は、楽天が必要としている資金について、日本国内では調達ができなかったということです。そのことの意味を考えると、やはり恐ろしい感じがします。

論点が完全にズレまくっている外資比率問題

今回のCX騒ぎで重要なのは、この外資規制というのは、単に手続きの問題だということです。外資規制で騒ぐ前に、外資の横暴が懸念される問題はたくさんあります。

東芝はカナダ系のファンドに買われるかと思ったら、それも流動的になって、様々な海外勢力が狙っています。日立金属も外資に売られつつあります。

また上述の楽天グループも、外資アマゾンとの市場の食い合いに生き残る資金が国内では得られないので、中国テンセントの資金が入ることになりました。そうなると、日本郵政も間接的に外資に買われた形とも言えます。

別に資本に国境はないとは言え、中国の共産党政権はアリババに対して、「大き過ぎる」がゆえに弾圧をしており、自由経済とは程遠い状況になってきました。テンセントの資本は、既に日本の多くのテック関連の企業に入っています。排外主義の立場でなくても、やはり心配になります。

東芝、日立金属、楽天(日本郵政)などの問題は、CXさんの書面上の手続きの話と比較したら、何千倍何万倍も大事なのですが、そっちはスルーして、CXさんと総務省のバカバカしい綱引きに関心を向けるというのは、全く見当違いと思うのです。(メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』より一部抜粋)

image by:Sundry Photography/ Shutterstock.com

MAG2 NEWS

冷泉彰彦『冷泉彰彦のプリンストン通信』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加