国分太一、長瀬の退所で「形は変わっても5人の友情、絆は変わらない」

国分太一、長瀬の退所で「形は変わっても5人の友情、絆は変わらない」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/08/01
No image

TOKIOの国分太一が、7月31日に放送されたラジオ番組『国分太一 Radio Box』(JFN系/毎週金曜21:00~21:55)に出演。来年3月末でジャニーズ事務所を退所する長瀬智也について語ったほか、ファンに向けてメッセージを送った。

国分太一、"TOKIO解散危機"語る「感極まって泣いた」- グループの転機に

番組冒頭、「TOKIOのボーカル長瀬智也が、来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することになりました。数年前から話し合いを繰り返し、長瀬の選んだ新しい道に進む決断を尊重し、送り出すことになりました」と話し始めた国分は、「26年間走り続けてこられたのも、応援してくれるみなさま、そしてボーカル長瀬がいたからだと、個人的には思っております。本当に感謝しかありません」と、ファンや長瀬に対して感謝の気持ちを吐露。

長瀬の退所後は、残るメンバーの城島茂、松岡昌宏、国分の3人で、ジャニーズグループの関連会社「株式会社TOKIO」を設立。「TOKIOは、リーダー、松岡、それから私の3人で会社という形で4月以降も引き続き活動していきます。来年3月まではこの4人で活動しますので、温かく見守っていてください」とファンにメッセージを送り、最後は、「1994年からTOKIOというのは、5人で活動してきました。形は変わっても5人の友情、そして絆というのは変わらない」と力強く語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加