俳優イ・ソンミンが登場すれば空気が激変。『財閥家の末息子』で放った唯一無二の存在感!

俳優イ・ソンミンが登場すれば空気が激変。『財閥家の末息子』で放った唯一無二の存在感!

  • 韓ドラ時代劇.com
  • 更新日:2022/11/25

彼が登場すれば、空気の流れと温度が変わる。それはみんなが認めざるを得ないベテランのオーラだ。韓国JTBCドラマ『財閥家の末息子』(原題)の最も高いところに、俳優イ・ソンミンがいる。

【現場写真】『財閥家の末息子』制作発表会での面白い一幕

11月18日に幕が上がった『財閥家の末息子』は、財閥グループの会長を補佐していた秘書のユン・ヒョヌ(演者ソン・ジュンギ)が、財閥家の末息子チン・ドジュン(演者ソン・ジュンギ)に生まれ変わって2回目の人生を生きる“人生リセット”ファンタジー物語だ。

ソン・ジュンギ、イ・ソンミン、シン・ヒョンビンらの共演に週3回放送という破格の編成まで加わり、作品に対するドラマファンの期待感はこの上なく高揚。そして放送初週でテレビ話題性ドラマ部門で1位(Gooddata調べ)を占めた。

俳優部門では主人公役のソン・ジュンギが1位になったが、イ・ソンミンの底力を見逃してはならない。6.1%だった初回の視聴率は、イ・ソンミンが本格的に登場した第2話と第3話でそれぞれ8.8%、10.8%を記録した。

No image

(画像=JTBC)

すでに映画『KCIA 南山の部長たち』で近代劇の演技を披露しているイ・ソンミンだが、『財閥家の末息子』での存在感は別次元だった。冷たい表情と目つき、息遣いや歩き方まで、何一つ隙のない彼の熱演が、物語の雰囲気を左右している。

「近・現代史のいろんな人物を想起させることになれば幸いだ」と明かした彼の言葉通り、イ・ソンミンの顔にはさまざまな実在人物が重なっている。

おまけに彼が得意とする方言は、キャラクターのカリスマ性とユニークさを増している。人物を多角的に解釈する楽しさを、視聴者に味わわせているのだ。「さすがイ・ソンミン」という賛辞が相次ぐ理由もそこにある。

No image

(画像=JTBC)

『財閥家の末息子』で再び自分の存在感を証明したイ・ソンミン。大衆からの信頼度がさらに高まった彼の活躍から、目が離せない。

(記事提供=OSEN)

韓ドラ時代劇.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加