移住者に聞いた、移住してよかったこと1位は?

移住者に聞いた、移住してよかったこと1位は?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/22
No image

ウォンテッドリーは7月20日、「コロナ禍における移住と働き方」に関する調査結果を発表した。調査は6月30~7月6日、同社運営のビジネスSNS「Wantedly」のユーザー1,968名を対象にインターネットで行われた。

コロナ禍で地方転職を希望するミドルが増加、注意するポイントは?

調査によると、直近3年間で移住した人の割合は20%と、コロナ禍に入り増加し、昨年同月比で4.1倍という結果に。職種別では「マーケティング」(26%)や「プロダクトマネージャー」(22%)が上位に。年代別では、「20~24歳」で25%、「30~34歳」「25〜29歳」で23%と若年層ほど高い傾向となった。

また、移住した理由を聞いたところ、「テレワーク主体の働き方になり、家賃が高い都心に住む理由がなくなったため」(26%)が1位に。次いで「実家の近くに住みたいと考えたので」(22%)、「自然が多い場所に住みたいと考えたため」(21%)と続いた。

続いて、移住して良かったことを聞いたところ、「家賃などの生活コストが下がった」(42%)、「生活のペースがゆっくりになった」(39%)、「満員列車に乗らなくて良くなった」(35%)が上位に。

一方、移住して課題に感じる点は、「知り合いがいないのが寂しい」(39%)が最も多く、次いで「都心と比較して仕事が少ないので、今後のキャリアが不安」(27%)、「車がないと何も出来ないのが面倒」(21%)と続き、生活するうえでの金銭コストや時間に余裕が出る一方で、先々のキャリア構築に対する不安の声があがった。

次に、移住しなかった人に対し、「新型コロナウイルス感染拡大に伴い移住を検討したか教えてください」と質問したところ、24%が「検討していた」と回答。

移住を検討したものの移住しなかった理由は、「アフターコロナで会社の方針がどうなるか分からずまだ動く時ではないと考えたので」(48%)、「今の職場から移住先からリモートで働くことが認められなかったため」(23%)、「収入が減り、引っ越しする余裕がなくなったため」(19%)が多かった。

直近3年間で移住した人のうち、移住に伴い転職した人は59%、転職なき移住者は41%という結果に。

移住転職者に転職先について重視したことを教えてもらったところ、「仕事内容のやりがい」(69%)がトップに。次いで、「自己成長性」(51%)、「給与水準」(43%)、「カルチャーマッチ」(31%)、「仕事内容の社会的意義」「勤務形態の柔軟性(リモートワーク、フレックスなど)」(30%)と続いた。

一方、転職なき移住者に対し移住後の働き方を聞くと、「転職せずにテレワークで働いている」(51%)、「転職せずに移住先の支店へ移動」(12%)、「フリーランスになった」(11%)が上位に並び、過半数が会社は変えずにテレワークしながら移住していることがわかった。

CHIGAKO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加