Twitterに最大2,500文字が”投稿”可能に。ブログ機能「Notes」を発表

Twitterに最大2,500文字が”投稿”可能に。ブログ機能「Notes」を発表

  • ゴリミー
  • 更新日:2022/06/23
No image

Twitterは6月23日、長文をブログ記事のような形で投稿できる新機能「Twitter Notes」を発表した。現在は米国、英国、ガーナの一部ユーザーを対象にテストを行っており、一般公開の時期は不明だ。

Notesでは、最大100文字のタイトルと最大2,500文字の文章を作成できる。UIはnoteにそっくり。写真、動画、ツイート、GIFアニメを挿入でき、太字、イタリック、打ち消し線、箇条書きなどが利用できる。

Introducing: Notes

We’re testing a way to write longer on Twitter. pic.twitter.com/SnrS4Q6toX
— Twitter Write (@TwitterWrite)
2022年6月22日
from Twitter

Twitterにシェアする場合、上からアイキャッチ画像、ユーザー名、タイトルの順にまとめられたカードが表示される。ユーザーはタップすれば記事を閲覧できるが、国内では公開されているNotesリンクをタップすると「このページは存在しません。他のページを検索してみましょう」と表示される。

A small group of writers are helping us test Notes. They can be read on and off Twitter, by people in most countries. pic.twitter.com/IUVVkr2vnl
— Twitter Write (@TwitterWrite)
2022年6月22日
from Twitter

The post Twitterに最大2,500文字が”投稿”可能に。ブログ機能「Notes」を発表 first appeared on ゴリミー.

Twitterニュース・噂 ・最新情報に関する記事をもっと読む

Kazuto Kusakari

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加