日本向けVRコンテンツが「Oculus Quest 2」向けに投入予定!Facebook Connectレポート

日本向けVRコンテンツが「Oculus Quest 2」向けに投入予定!Facebook Connectレポート

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/17

Facebookは、毎年開催していたVRヘッドマウントディスプレー(VRHMD)「Oculus」の開発者会議「Oculus Connect」を、「Facebook Connect」と名称を変更し、9月16日(日本時間9月17日2時)より開催した。

イベント冒頭では、Facebookの共同創業者兼会長兼CEOマーク・ザッカーバーグ氏が、Facebook初のコンシューマー向けARグラスを来年リリースすることを予告。

No image

たとえば、InstagramのARフィルターApark ARのような、すでにあるAR技術を活用すれば家具を購入する前に、自宅に置いた際の様子を事前に確認したり、眼鏡などを購入する前に自分がかけた様も確認できるとのこと

また、Respawn EntertainmenやILM×LAB、UNIVERSALなどのメーカーとも提携し、PCにUSBケーブルで接続して、PC用VRゲームをプレイできる「Oculus Link」もβではなくなり、今後全てのPC用VRがOculus Questでプレイできる未来を示した。

そのほか、サンドボックス化されたVR世界で、ユーザーが独自のゲームを構築し、友人と遊び、交流したりする、セカンドライフ的なソーシャルアプリ「Facebook Horizon」についてや、VRでライブコンサートやスポーツ観戦などが楽しめる「Venues」のβアクセスが開始されたことにも言及した。

No image

Facebook HorizonではユーザーがVR世界の中を自由にゲーム創作できる

No image

Venuesでは、アバターを使い複数の人とライブコンサートなどが楽しめる

新型のVRHMD「Oculus Quest 2」が 10月13日に299ドルで発売!

さらに新型の一体型VRHMD「Oculus Quest 2」を10月13日に299ドルで発売することを発表。詳細は既報のとおりで、国内でも同日64GBが3万2800円、256GBモデルが4万4800円でネットショップのほか、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの店頭販売も行なわれる。

No image

両眼3664×1920ドットと従来機よりも高解像度化

No image

SoCに従来のSnapdragon 835/845ベースよりも性能が倍になっているQualcomm「Snapdragon XR2」を採用

また、Oculus Quest 2では、Fit系アプリのようにユーザーの運動量を計測する機能「Oculus Move」も今年中にリリースし、リズムゲームやボクササイズアプリを使って運動を記録することもできるようになると発表。

No image

消費カロリーや運動した時間などが示される

加えて、Oculus Quest 2には、FitPackやElite Strap、Elite Strap with Batteryといったオプションも多数用意されることが明かされた。

No image

眼鏡サイズのARグラスも開発中

本イベントでは、他にもさまざまなプロダクトが紹介されたが、主だった発表はOculus Quest 2の他、近日配信される数々のVRゲームタイトル、そしてARだ。

同社はProject Ariaと呼ばれるプロトタイプのARグラスを開発中。すでに120万種類のエフェクトをリリースしているという。すでに社員は試用しているとのこと。

No image

Project Aria

No image

ARグラスでは、見える範囲をマッピング

No image

部屋の中のどこに鍵があるかなどもARで示されたり

No image

目的地へのナビゲーション

No image

信号が赤に変わると注意喚起してくれるなど、安全面に配慮する機能も盛り込まれているという

ユービーアイソフトの人気シリーズのVRゲームや 日本向けのVRゲームも多数発表!

ゲームについてもさまざまな発表が行なわれた。ユービーアイソフトからは人気シリーズの「アサシンクリード」と「スプリンターセル」のVR向けコンテンツを提供されることが明かされた。

No image

イーグルフライトなど、VR黎明期からコンテンツを提供してきたユービーアイソフト。非常にクオリティーの高い作品になることに期待が高まる

そのほか、STAR WARSのVRゲームや、空を飛んだり、壁を登ったりと自由に移動しながら戦うBigBox VRの「POPULATION: ONE」というバトルロワイヤルゲームも発表された。

No image
No image

C-3POの姿が非常にリアルだ

No image
No image

POPULATION: ONEは空を飛んだりしながら自由に移動しながら戦う、ユニークな垂直戦闘システムを採用しているといいう

No image

銃の種類もさまざま

No image

AEDにより、倒された仲間を蘇生できるようだ

No image

壁を登っての移動も可能。デュオやトリオで友人と一緒にプレイすることも可能なのかもしれない

発売から1ヵ月で10万本を達成し、一躍VRゲームとして知られたリズムゲーム「Beat Saber」のマルチプレイに対応した「Beat Saber Multiplayer」がOculus Quest 2の発売と同日にリリース。また、防弾少年団(BTS)の楽曲が楽しめる「Beat Saber x TinyTAN | BTS Music Pack」が2020年11月にリリース。BTS7人のメンバーの姿を模したキャラクター「TinyTAN」が含まれるという。

No image
No image

VRのリアルさをダイレクトに感じられるとして知られるフリークライミングゲームの新作「THE CLIMB 2」もホリデーシーズンに登場予定。壮大な山頂や高層ビルを登り、友達と競争したりもできるという。

No image
No image

また、Facebookは日本は流行に敏感でVRユーザーやクリエイターの多い国と認識しており、そのため日本のメーカーとも協業し、日本向けのコンテンツも今後投入していくとのこと。そのうえで、人気バーチャルYouTuberキズナアイを題材としたリズムゲーム「Kizuna AI – Touch the Beat!」や、「Rez Infinite」、「スペースチャンネル5 VR あらかた ダンシングショー」、「リトルウィッチアカデミアVR ほうき星に願いを」の配信も公開した。

No image

そのほか、VRゲーム情報を追っている人ならご存じ「東京クロノス」を手掛けるMyDearestによる最新作「ALTDEUS: Beyond Chronos」と、タイトーの人気アクションパズルゲーム「パズルボブル」のVRタイトル「パズルボブルVRバケーション・オデッセイ」の配信も発表。

No image

「ALTDEUS: Beyond Chronos」は、12月3日配信されることが明かされた。本作は200年後の地球を舞台としたSFアドベンチャー。超巨大異生物<メテオラ>と戦うマキア・パイロットのクロエ少尉となり、ストーリーを体験していく。

VRなどを活用するリモートワークの未来なども示した

また、Facebookは、コンシューマー向けのコンテンツだけではなく、医療などの現場やリモートワークへの活用についても言及。Oculus Quest 2を使って、MRとVRをシームレスに切り替え、空間にマルチディスプレーを表示したり、Logitechと共同開発したキーボードでVR空間ないで文字入力を行なったりができるとしている。

イベント中でのデモ映像では、最初はリビングにいたが、母親が料理をし始め周囲がうるさくなったので、場所を移動して仕事を行なうといったストーリーで展開。Oculus Quest 2を使いバーチャル上で仕事をするなら、どこでも作業が行なえるということだろう。

No image

Oculus Quest 2を被ると、空間に3画面などのマルチディスプレーが表示

No image

ハンドトラッキングで操作が可能

No image

Oculus Quest 2を被りながらも通知の確認も行なえる

No image

設定を変えることで、外が見えるMRの状態から周囲が完全にバーチャルになるVRにシームレスに切り替えも可能

No image

バーチャル空間でも視認できるキーボードにより、文字入力も行なえる

最後はチーフサイエンティストのマイケル・アブラッシュ氏が未来の技術について言及。手首に巻いた入力デバイスを使用することで、指の動きを正確にトレースし、VRで再現すれば指を失った人でもVR世界では指が使えるなどの解説。

No image

手首で筋肉の動きを読み取った方が正確に指の動きをVR上で再現できるといったことのようだ

そのほか、人の耳の形をトレースして、個人に合わせて立体音響を再現したうえ、ビームフォーミング技術を応用することで、音の伝わり方をコントロールし、顔を向けた人の音をピックアップして聞きやすくするなどが可能になるといったようなことを解説した。こうした技術が実装されることで、より一層ARグラスの可能性も広がりそうだ。

No image

ヘッドセットで周囲の音の波形を捉えコントロール

No image

周囲の音を小さくし、顔を向けた人とのコミュニケーションをよりよくできるといった技術解説が行なわれた

●関連サイト

Oculus

ジサトラハッチ 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加