ソニーが世界最小・最軽量のフルサイズカメラ「α7C」発表 = 実機写真レポート

ソニーが世界最小・最軽量のフルサイズカメラ「α7C」発表 = 実機写真レポート

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/15

ソニーは9月15日、フルサイズミラーレスカメラ「α7シリーズ」のコンパクトモデル「α7C」を発表した。

α7Ⅲとほぼ同じ性能を持ちながら、α6600シリーズと同等の、軽量コンパクトボディが特徴で、約23万円(税込)で10月23日に発売となる。

No image

α7Cは、ソニーの小型化技術が生んだ世界最小・最軽量フルサイズカメラである

No image

左のα7Ⅲと同じ性能で右のα7Cはこのサイズだ

α6000系ボディに フルサイズセンサーと 手振れ補正まで投入で 世界最小・最軽量

No image

自分の手は大きいほうだが、フルサイズなのにコンパクトカメラのように扱える

α7CのCはCompactのCで、もちろん最大の特徴は、APS-Cサイズの撮像素子を搭載しているα6000系のボディに、α7シリーズと同様のフルサイズセンサーを搭載したことだ。

ボディサイズは124×71.1×59.7ミリで、バッテリーとメモリーカード込みの利用時重量は509グラムである。従来のα7Ⅲは126.9×95.6×73.7ミリ、650グラムなので、体積で81%、重量で78%にダイエットしたことになる。

APS-Cセンサー搭載のα6600は120×66.9×59.0ミリで503グラムだから、α7Cは体積で110%、質量では101%と、ほぼ同じレベルになっている。

SIGMA fpがあるので、無条件ではないが、「光学式ボディ内手ブレ補正を搭載した35mmフルサイズセンサー搭載レンズ交換式カメラとして」世界最小、最軽量である。

また、同時発表となったフルサイズ対応の小型ズームレンズ「EF28-60mm F4-5.6」も注目で、沈胴式で持ち運び時は長さ45ミリ、重量は167グラムしかなく、ボディ+標準ズームでは、α7Ⅲに比べて、体積で67%、重量で71%とさらなるダイエットを実現している。

No image

同時発表の小型ズーム「EF28-60mm F4-5.6」を装着しても676グラム。レンズが伸びて、撮影時はこの形態になる。

No image

従来の標準ズームFE28-70を付けたα7Ⅲ(左)と、レンズキットのα7C(右)。重量比71%、体積は76%しかない。

ちなみにαとしては初めて、ボディが2色用意されており、全体が黒のブラックと、ボディ上部が銀色のシルバーがある。

No image

α初の2色展開で、ブラックかシルバーか悩もう!!

No image

ボディ上部の配置は、EVFの位置が異なるにもかかわらず、ほぼ同じで操作に迷いは生じない。

No image

背面のデザインもほぼ同じだが、α7Cの液晶は左側に開いて回転させる「バリアングル」型である

No image

バッテリーは同じものを使うので、グリップのホールドもいい。

No image

三脚穴の位置もほぼ同じ。

いかにして 小型軽量化が 実現したのか?

α6000系のボディがあったとはいえ、フルサイズセンサーを搭載するため、設計は一から見直されており、このサイズに収めるため、ボディ内5軸手振れ補正ユニットと、シャッターユニットを新規開発したうえ、ボディはモノコック構造で新たに設計しなおされている。フロントカバー、トップカバー、リアカバーの3部品のマグネシウム合金部品で強度を確保しつつ小型・軽量化を実現しているのだ。

にもかかわらず、性能はほぼα7Ⅲと同等なのである。

No image

マグネシウム合金を使ったモノコックボディ

No image

新設計の小型軽量シャッターユニットと手振れ補正機構

イメージセンサーは2420万画素の裏面照射型フルサイズセンサーで、ダイナミックレンジは15段、高感度性能は通常でISO51200、拡張で204800を実現している。

ボディ内手振れ補正は5軸で5.0段。像面位相差AFは693点で画面の93%カバー。リアルタイム瞳AFは静止画では人物と動物を認識し、リアルタイムトラッキングができる。

連写はAF/AE追従で最高毎秒10コマ、223枚のバッファ性能を持つ。

No image

左がシルバーでレンズを繰り出した状態、右がブラックで持ち歩きの状態。

No image

モードダイヤルにはSCNがなく、代わりにカスタムの3となっている。露出補正ダイヤルはα7Ⅲと同じ。

No image

C1、C2ボタンの代わりに、録画開始の赤ボタンが登場。シャッターボタンはα7Ⅲよりひとまわり小さい。

No image

メモリーカードはシングルで、タイプC端子で充電可能である。

No image

新旧標準ズームはこれだけサイズが違うのだ。

動画は4K、HLGとα7Ⅲと同様の能力を持ち、動画時のリアルタイム瞳AFとリアルタイムトラッキングはα7Ⅲにはない機能を実現、AF-ONボタンを新規に搭載し、いつでもリアルタイムトラッキングを動作させることができるようになっている。肌色や花の色など画質も7Ⅲより向上している。

液晶モニターはバリアングル型で、自撮りやVlogしやすく、マルチインターフェースのデジタルオーディオ対応も実現するほか、天面にMOVIEボタンを配置するなど、動画撮影機能ではα7Ⅲを凌ぐ使いやすさを持つ。

バッテリーはα7、α6600と同じNP-FZ100を採用しており、液晶モニター使用時で740枚・215分、EVFでは680枚・220分の撮影が可能で、α7Ⅲより省エネとなっている。

No image
No image

つまめるサイズ・重量ですね。。。

市場推定価格はボディ(ILCE-7C)が両カラーともに約23万円、レンズキット(ILCE-7CL)は約26万4000円である。FE 28-60mm F4-5.6は当面、単体発売はなく(2021年春予定)で価格は6万6000円なので、キットはお買い得だし、当面このレンズを自慢できるのである。

また、α7Cに合わせて、小型ストロボ(HVL-F28RM)が12月11日に発売となる。サイズは65.1×83.5×91.4ミリで重量は219グラム、GN28で電波式のワイヤレス通信機能を持ち、P-TTL調光、ハイスピードシンクロ、マルチ発光も可能で、価格は2万9800円の予定だ。

No image

小型ストロボF28RM

No image

α7Cに付けるとちょうどいいバランスのサイズである

No image

■関連サイト

アスキーの「プレミアム試用レポート」で最新デジギアを選ぼう!!

ソニーα公式ページ

みやのプロ(@E_Minazou) 編集 ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加