スペイン期待の18歳、アルカラスが21歳以下のツアー最終戦出場権を獲得。シナー、オジェ・アリアシム、コルダに次いで4人目

スペイン期待の18歳、アルカラスが21歳以下のツアー最終戦出場権を獲得。シナー、オジェ・アリアシム、コルダに次いで4人目

  • Tennis Classic
  • 更新日:2021/09/16
No image

USオープン8強のアルカラスがネクストジェン最終戦の出場権獲得

9月14日、ATPは21歳以下の選手8名で争われる「Next Gen ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月9日~13日)の4人目の出場者としてスペイン期待の若手、18歳のカルロス・アルカラス(世界ランク38位)の出場が決まったことを発表した。

【動画】アルカラスのスーパーショット集&USオープンのチチパス戦マッチハイライト

アルカラスは、8月下旬から行われたUSオープン3回戦で世界ランク3位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦し、4時間7分の激闘の末に勝利。4回戦でもピーター・ゴヨブチック(ドイツ/同101位)をフルセットで破って、グランドスラム自己最高のベスト8入り。今シーズン、すべてのグランドスラムで2回戦以上に進み、今週発表されたランキングではキャリアハイの38位を記録している。

なお、今大会にはヤニック・シナー(イタリア/同14位)、フィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同11位)、セバスチャン・コルダ(アメリカ/同42位)がすでに出場権を獲得している。

2017年にスタートした今大会は、21歳以下のレースランキング上位7人に開催国のワイルドカード(主催者推薦)1人を加えた8人で争われる。4名ずつ2つのグループに分かれてラウンドロビン(総当たり戦)が行われ、上位2名が決勝トーナメントに進出することができる。試合形式は、4ゲーム先取の5セットマッチで、ノーアドバンテージ。また、セット後にコーチングが許可されるなど、ファンにとって試合を楽しめる工夫がなされている。

昨年は新型コロナウイルスの影響により中止されており、2019年大会はシナーがアレックス・デミノー(オーストラリア)を下して、優勝を飾っている。

Tennis Classic 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加