明豊・木塚陽斗、エリアカ・川上流星下してベスト16進出<全日本卓球2023ジュニア男子単4回戦>

明豊・木塚陽斗、エリアカ・川上流星下してベスト16進出<全日本卓球2023ジュニア男子単4回戦>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

<天皇杯・皇后杯 2023年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月23日~29日 場所:東京体育館>

25日、全日本卓球選手権大会は3日目を迎え、ジュニア男子シングルス4回戦が行われた。

ジュニア男子シングルス4回戦では、木塚陽斗(明豊高)とJOCエリートアカデミーに所属する川上流星(星槎中)が対戦。試合は川上が第1ゲームを奪うも、鋭いカットと破壊力のある両ハンドドライブで得点を重ねた木塚が、ゲームカウント3-1で勝利。ベスト16入りを決めた。

No image

写真:吉山和希(愛工大名電中)/撮影:ラリーズ編集部

一方、スーパーシードの吉山和希(愛工大名電中)と久保賢輔(希望が丘高)の試合は接戦となるも、最終ゲームで意地を見せた吉山がフルゲームで辛勝。こちらも5回戦へ駒を進めた。

No image

写真:芝拓人(野田学園高)/撮影:ラリーズ編集部

その他にも、スーパーシードの松島輝空(木下アカデミー)、三木隼(野田学園高)、芝拓人(野田学園高)らも順当に勝ち上がり、ベスト16入りを決めた。

ジュニア男子シングルス4回戦の結果と、5回戦の組み合わせは以下の通り。

ジュニア男子シングルス4回戦結果

〇松島輝空(木下アカデミー)3-0 持田陽向(愛工大名電中)
日髙智貴(大阪桐蔭高)0-3 齋藤俊太朗(明徳義塾中・高)〇
石山浩貴(上宮高)1-3 小野泰和(出雲北陵中・高)〇
〇木方圭介(野田学園高)3-0 中村煌和(愛工大名電高)

〇吉山和希(愛工大名電中)3-2 久保賢輔(希望が丘高)
植木大陽(明豊高)2-3 髙橋慶太(育英高)〇
〇木塚陽斗(明豊高)3-1 川上流星(星槎中)
〇岡本翼(木下アカデミー)3-2 岩井田雄斗(野田学園高)

〇坂井雄飛(愛工大名電高)3-0 渡辺凉吾(野田学園中)
〇烏田東(呉青山高)3-2 加藤公輝(野田学園高)
谷本拓海(兵庫中)2-3 佐野和輝(大阪桐蔭高)〇
佐藤卓斗(出雲北陵高)1-3 芝拓人(野田学園高)〇

〇萩原啓至(愛工大名電高)3-0 森眞奈斗(石田卓球クラブ)
〇丸川智弘(野田学園高)3-0 若月展翼(東山高)
齋藤輝心(浜松修学舎高)0-3 岩井田駿斗(野田学園中)〇
中城瑛貴(松山卓球教室)1-3 三木隼(野田学園高)〇

ジュニア男子シングルス5回戦組み合わせ

松島輝空(木下アカデミー)‐ 齋藤俊太朗(明徳義塾中・高)
小野泰和(出雲北陵中・高)‐ 木方圭介(野田学園高)
吉山和希(愛工大名電中)‐ 髙橋慶太(育英高)
木塚陽斗(明豊高)‐ 岡本翼(木下アカデミー)

坂井雄飛(愛工大名電高)‐ 烏田東(呉青山高)
佐野和輝(大阪桐蔭高)‐ 芝拓人(野田学園高)
萩原啓至(愛工大名電高)‐ 丸川智弘(野田学園高)
岩井田駿斗(野田学園中)‐ 三木隼(野田学園高)

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加