ラングレが痛恨のPK献上...バルサ、カディスを終始圧倒もドローで連勝ストップ

ラングレが痛恨のPK献上...バルサ、カディスを終始圧倒もドローで連勝ストップ

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/02/22
No image

バルセロナとカディスが対戦した [写真]=Getty Images

リーガ・エスパニョーラ第24節が21日に行われ、3位バルセロナと15位カディスが対戦した。

16日のチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマンに1-4の大敗を喫したバルセロナは、同試合と同じスタメン11人で試合に臨んだ。リオネル・メッシはリーガ1部通算506試合目の出場となり、シャビ・エルナンデス氏を抜いてクラブの歴代最多記録保持者となった。また、セルヒオ・ブスケツはリーガ・エスパニョーラ1部での通算400試合目の出場となった。

立ち上がりから押し込む展開が続くバルセロナは、31分にペドリがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得する。キッカーを務めたメッシは冷静にゴール右下へと転がして、バルセロナが先制した。なお、メッシにとってカディスは、リーガ1部で得点を挙げた38クラブ目の対戦相手となった。

先制されたカディスは33分、サルビ・サンチェスが供給した右からのクロスにルベン・ソリアーノがゴールの目の前で合わせたが、左足で上手くミートできずに枠を捉えられない。一方でリードを広げたいバルセロナは39分、アントワーヌ・グリーズマンのスルーパスに抜け出したフレンキー・デ・ヨングがネットを揺らしたが、オフサイドでゴールは認められない。44分にはグリーズマン、セルジーニョ・デストとつないでペドリが押し込んだが、デストのオフサイドでゴールとはならなかった。

1点のリードで折り返したバルセロナは60分にチャンス到来。ブスケツの浮き球スルーパスに抜け出したメッシが折り返し、グリーズマンが押し込もうとしたものの、飛び出してきた相手GKに防がれる。73分にはメッシがペドリとのパス交換からゴール前に抜け出し、浮き球に右足ボレーで合わせたが、これは枠の上へと外れる。

試合を終始優勢に進めていたバルセロナだったが、88分にクレマン・ラングレがペナルティエリア内でソリアーノを後ろから蹴ってしまい、痛恨のPK献上。これをアレックス・フェルナンデスに決められ、土壇場でカディスに追いつかれた。

試合は引き分けのまま終了し、バルセロナのリーグ戦連勝は「7」でストップ。カディスは5試合ぶりのドローで4連敗を止めた。
バルセロナの次戦は24日に行われ、リーガ第1節延期分としてエルチェとホームで戦う。カディスは28日にホームでベティスと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 1-1 カディス

【得点者】
1-0 32分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-1 89分 アレックス・フェルナンデス(カディス)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加