「キワどい2人」山田涼介の怒りの演技に“鳥肌立った”と最高評価

「キワどい2人」山田涼介の怒りの演技に“鳥肌立った”と最高評価

  • アサジョ
  • 更新日:2020/10/16
No image

Hey!Say!JUMPの山田涼介が主演を務めるドラマ「キワどい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」の第5話が10月9日に放送され、世帯平均視聴率こそ8.2%と伸びなかったものの、山田が怒りを露わにする迫真の演技にファンからは悲鳴にも似た歓声が上がっている。

このドラマは、山田演じる生真面目な人情派の新米刑事・神崎と、異母兄弟の型破りな刑事・黒木のバディもの。今回は、いよいよ幼い神崎と中学生の黒木が現場にいた「ファミレス立てこもり事件」の真相が明らかに。神崎の母親が息子に当てた手紙を読んでしまった神崎は、「ファミレス立てこもり事件」の犯人で、その場で射殺された井原(高橋努)が自分の父であることを知るといった衝撃的な展開だった。

「それを知り家に駆け戻ってきた黒木に、神崎は『僕が犯罪者の息子だって、いつから知ってた』と静かに問いかけます。そして、黙ったままの黒木の胸ぐらをつかみ『僕のことずっとだましてたのか』『どうして僕のところにきたんだ』と大声で絶叫。体を震わせ、涙を浮かべる山田の熱演ぶりに、ネット上には『演技うますぎてびっくり』『鳥肌立った』『神崎さんの涙でポロポロ泣きました』など、絶賛のコメントが殺到しました」(芸能ライター)

公開が待たれる岡田准一主演の映画「燃えよ剣」では沖田総司役に挑む山田。岡田を追いかけ、本格俳優として脱・アイドルを虎視眈眈と狙っているのかもしれない。

(窪田史朗)

アサジョ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加