【ママの飯がマズくて:長女編】お腹の中に入れば同じなんだ!いいのいいの!<第4話>#4コマ母道場

【ママの飯がマズくて:長女編】お腹の中に入れば同じなんだ!いいのいいの!<第4話>#4コマ母道場

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2023/01/25

【妻の飯がマズくて離婚したい:第1話】から読む。 【第1話】から読む。
前回からの続き。「妻の飯がマズくて離婚したい」でひと悶着あったミナミさんとアツシさんご夫婦。すったもんだの末、互いに歩み寄ることができ、家族全員が笑顔になる結末を迎えました。しかし大人は解決しても、実際にミナミさんの作る「家庭の味」を「そういうものだ」と思って育った子どもたちは、どのような気持ちの変化を遂げたのでしょうか。長女の「ナギサ」ちゃんは小学1年生。「ママ」であるミナミさんを手本としてスクスク育っている様子です。そう、かつてミナミさんが実母の背中を見て学んだ「母としての姿」が、今ここでも繰り返されてしまっているのです……。
※本記事は書籍『妻の飯がマズくて離婚したい』から一部抜粋・編集しています。

第4話 愛情ってどんな味?

No image
No image
No image
No image

【編集部コメント】
ナギサちゃんの考えに、ドン引きのよっちゃん。「どうせお腹の中に入ってしまえばみんな同じ」というママ・ミナミさんの口癖は、子どものおままごとでも健在です。よっちゃんの「おままごと」のイメージと、ナギサちゃんの「おままごと」のイメージに大きな差があるようです。つくづく子どもは育った家庭を「当たり前」に思うのだと、勉強になりますね。

【第5話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・もち 編集・荻野実紀子

ママスタセレクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加