トッピングにスイカ!?わが家の冷やし中華はじめました。これは絶対!の食材はある?

トッピングにスイカ!?わが家の冷やし中華はじめました。これは絶対!の食材はある?

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2021/09/15
No image

気温が高く暑さを実感するころ、食べたくなるものといえば「冷やし中華」。食欲があまりないときでも、のどごしがいい麺類なら食べられることもありますよね。ママスタコミュニティには、冷やし中華に関するこんな投稿が寄せられました。

『冷やし中華のトッピングはたまごやハム、きゅうりにもやしをのせる。私はスイカものせるんだけど、それ以外でみんなはどんな具材をトッピングする?』

投稿者さんはスイカもトッピングしているのだとか。他のママたちは冷やし中華を食べるとき、どのようなトッピングをしているのでしょうか。

わが家の定番トッピングはコレ!

野菜や肉類、魚介類などをトッピングして食べる冷やし中華。ワンプレートでさまざまな食材を摂れるので、ママの強い味方ともいえるメニューではないでしょうか。ママたちからは定番から変わり種まで、さまざまな冷やし中華のトッピング具材が寄せられました。

冷やし中華との相性バツグンの野菜やきのこ

『トマト』

『きゅうり』

『きくらげ』

『もやし』

『ブロッコリースプラウト』

『かいわれ大根。きゅうりを切るよりも手軽だよ』

『千切りレタス、しいたけの甘煮』

トマトやきゅうりといった夏野菜をはじめ、さまざまな具材がずらり。水洗いしてそのまま食べられる野菜にすれば、暑くて台所に立ちたくないときでも、気軽に冷やし中華を作れそうです。

色のアクセントになるたまご

『ゆでたまご』

『錦糸たまご』

街なかで見かける冷やし中華にも、たまごがトッピングされているのを見かけます。その日の気分や一緒にトッピングする具材の色味から、ゆでたまごにするか錦糸たまごにするか選ぶのも楽しそうですね。

ボリュームや満足度アップを狙うなら、肉類や魚介類は必須!

『ササミ』

『蒸し鶏』

『ツナ』

『サラダチキン、カニカマ。焼豚とか豚肉の冷しゃぶ』

『ボイル海老』

『中華くらげ』

『わかめ』

『肉味噌。成長期の子どもが、肉々しさを求めますのやー』

『肉系は必要よね! わが家は年子の男3人。1人3玉ずつ食べるよ(笑)』

男性陣はあっさりな冷やし中華では、満足できないようです。たしかに肉類や魚介類も一緒なら、ボリュームや満足度アップにつながり、冷やし中華であってもガッツリメニューになりそうですね。息子さんは1人に麺1玉では足りないというママもいました。成長期の男子あるあるなのかもしれませんが、驚きです!

スイカはびっくり!?変わり種があったら教えて

投稿者さんの「スイカをトッピングする」とのコメントに、驚きを隠せないママもいるようです。

スイカはトッピングしたことがないな

『スイカははじめて聞いた』

『スイカはトッピングしたことがないな』

『お店では、スイカを添えているところがあるよね。冷麺にもスイカがついてくる店もあるよ』

定番の具材だけではなく、少し変わり種の具材を教えてくれたママたちもいました。1度試したらわが家の定番トッピングになるかもしれません。

試してみたい!みんなの変わり種

『私はキライだけど、子どもたちはソーセージをのせてと言う』

『長ネギ』

『みょうが、大葉』

『メンマ、紅しょうが』

『キムチ』

子ども向けにウインナー、大人向けに薬味のような野菜や辛い具材を使うなど、ママたちが工夫して作っている様子が伝わってきます。トッピングを子ども向け、大人向けと少し変えるだけでも、それぞれの要望に沿った冷やし中華にできるかもしれません。気持ちにも時間にも余裕がある日に家族の要望を聞いて、いつもと違う冷やし中華を作ってみるのもいいですね。

冷やし中華1品でもママたちのアイデア次第で、いろいろな仕上がりが期待できそうです。定番を楽しむもよし、変わり種を試してもよし。暑い夏こそ、バランスのいい食事を心がけ、しっかり食べて乗りきりたいですね。

文・藤まゆ花 編集・Natsu イラスト・Ponko

ママスタセレクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加