ゴルフ=ミケルソンが全米プロ選手権を辞退、2月に問題発言

ゴルフ=ミケルソンが全米プロ選手権を辞退、2月に問題発言

  • ロイター
  • 更新日:2022/05/14

[13日 ロイター] - 米プロゴルフ協会(PGA)は13日、フィル・ミケルソン(51、米国)が来週から始まる男子ゴルフのメジャー第2戦、全米プロ選手権への出場を辞退したと発表した。

No image

米プロゴルフ協会は13日、フィル・ミケルソンが来週から始まる男子ゴルフのメジャー第2戦、全米プロ選手権への出場を辞退したと発表した。ハワイで1月撮影(2022年 ロイター/USA TODAY Sports)

PGAは「フィルはディフェンディングチャンピオンで、現在PGAの終身会員になる資格もあるので、われわれは彼の参加を歓迎するつもりだった。フィルと(妻)エイミーの幸せを願うとともに、彼のゴルフへの復帰を楽しみにしている」と述べた。

メジャー6勝の実績を持つミケルソンは、サウジアラビア主導のスーパーゴルフリーグ(SGL)構想に関する発言で、人権において「恐ろしい記録」があるなどとサウジアラビア政府を批判していたことが2月に発覚。後に謝罪しているが、以降競技から離れている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加