TKO木下のパワハラ騒動は、明石家さんまが原因!? 相方・木本武宏が説明

TKO木下のパワハラ騒動は、明石家さんまが原因!? 相方・木本武宏が説明

  • RBB TODAY
  • 更新日:2020/09/17
No image

明石家さんま【RBB TODAY】

TKO木本武宏が、16日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演。相方・木下隆行のパワハラ騒動の原因の一端は、明石家さんまにあると語った。

この日はパワハラ、セクハラ、さらにはコロナ感染者や医療従事者に対するコロナハラスメントなど様々な「ハラスメント」の実態を、その事情に詳しい評論家が集まり、討論した。

そのコーナーのゲストとしてやってきた木本に、さんまは「木本!お前じゃなくて相方連れて来いよ。この話題にはもってこいやないか」と迫った。だが木本は、「相方の事件は、おおまかにまとめると、さんまさんのせいですから」と指摘。するとさんまも「『向上委員会』という番組のせい」と認めた。

2018年9月にオンエアされた『27時間テレビ』(同系)の『さんまのお笑い向上委員会』スペシャル。そのひな壇で柏餅のコスプレをしていた木下に、ザブングル加藤歩が「柏餅降りてこい!さっきから一言も喋らん」と苦言を呈したところ、木下は「なんにも出てこない」と泣き出したのだとか。

さんまは「(その場では)ウケてたから、俺らはお笑い芸人として成立だと思っていた」という。木本としても「めちゃくちゃ面白いキャラができた」と喜んでいたのだが、この後、木下は、誰かが少しでもイジろうとすると「イジるな!」と厳しく注意。

そこで同じ松竹芸能の後輩芸人・オジンオズボーン篠宮暁が「(今後も)イジれるようにしよう」と、楽屋で思い切ってイジったところ、木下からペットボトルが投げつけられたという。それがパワハラ問題に発展したため、さんまは「(木下も)当てるつもりじゃなかったんやろ?偶然、興奮のあまりコントロールミスで当たったということで」と、木下をかばっていた。

杉山実

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加