「瀬戸大也の妻」馬淵優佳が飛び込み復帰で日本選手権4位に! 賞賛の傍ら、つい思い出す「夫のやらかし」

「瀬戸大也の妻」馬淵優佳が飛び込み復帰で日本選手権4位に! 賞賛の傍ら、つい思い出す「夫のやらかし」

  • SmartFLASH
  • 更新日:2022/08/06
No image

飛び込み日本選手権での馬淵優佳(写真・アフロ)

8月5日におこなわれた、飛び込み日本選手権初日(日環アリーナ栃木)。女子3m板飛び込み決勝で、2021年12月に現役復帰した馬淵優佳(ミキハウス)が、273・60点で4位に入った。

「2017年5月、競泳男子の瀬戸大也さんと結婚した馬淵さん。結婚と同時に現役を退き、子育てに励んでいました。“あの一報”以来、タレント活動などもおこなっていましたが、もともとは飛び込み選手として、将来が有望されていた人物です。

関連記事:瀬戸大也、7秒遅れの惨敗で囁かれる「限界説」…妻と別居、人生一の練習でも越えられない “世代交代の壁”【世界水泳】

日本選手権の舞台は7年ぶりでしたが、決勝ではノースプラッシュで着水するなど、結婚前と変わらない演技を披露していました」(スポーツライター)

「あの一報」とは、2020年9月に「週刊新潮」に報じられた、瀬戸のCA女性との不倫だ。“汚名返上”と臨んだ2021年の東京五輪で、瀬戸は「メダルなし」という衝撃の結果に終わっている。

「馬渕さんは五輪前、テレビ番組内で瀬戸さんの不倫について聞かれると『めっちゃ怒りました。蹴り上げました』と、怒りを露わにするような発言をしていましたが、基本的には瀬戸さんを許しているようです。

しかし現役復帰してからは、お子さんは互いの両親で見てもらっているとも伝えられ、馬淵さんも、本格的にパリ五輪を目指すようです。

旦那を応援しているだけでは収まらない――。今回の好成績は、そんな気持ちの表れではないでしょうか」

ネット上では、子育てと両立しながら五輪を目指す馬淵に応援の声が寄せられている。

《出産を経験して競技に復帰するって、並大抵の努力ではできないはずです。馬淵さんの活躍に勇気をもらっています。応援しています!》

《長年ブランクがあって、出産で体も変わってるのにすごいと思います!せっかくこうした実力、才能があるのだからこれを活かしたほうがいい。》

いっぽうで、やはり瀬戸にも言及する声はあるようで……。

《瀬戸大也の奥さんかあ。旦那にかけるより自分にかけたんやな。選手復帰するつもりなんてなかっただろうに。オリンピック目指して頑張ってほしいね。》

《旦那のやらかした五輪の現実を突き付けられたからこその『アスリート魂に火がついた』んだと思いますよ。》

試合後、「体力と集中力が持つかがひとつめの不安だったが、そこを乗り越えられた達成感がある」と語った馬淵。目指すはパリの表彰台。夫も、そこについていけるか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加