【鹿島】5バック気味にはしたが――堂に入ったゲームの締め方で1点差勝負をモノにする

【鹿島】5バック気味にはしたが――堂に入ったゲームの締め方で1点差勝負をモノにする

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/10/24

[J1第24節]鹿島1-0広島/10月24日/カシマ

 1点リードで迎えた84分、ザーゴ監督は最後の交代カードを切る。スコアラーのエヴェラウドを下げて、DFの関川郁万を投入。関川は、犬飼智也と町田浩樹の2CBの間に入る。最後は5バック気味にして、逃げ切りを図る構えだ。

 人数をかけた最終ラインが、1点を追いかける相手の猛反撃を粘り強く撥ね返す――そうしたよくあるシチュエーションは、そこまで多く

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加