古江-15で2週連続V 宮里、畑岡に次ぐ年少4勝

古江-15で2週連続V 宮里、畑岡に次ぐ年少4勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

通算15アンダーで2週連続優勝を飾った古江彩佳(撮影・清水貴仁)

<国内女子ゴルフツアー:大王製紙エリエールレディース>◇最終日◇22日◇愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)◇無観客開催

古江彩佳(20=フリー)が最終ラウンドを4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダー、269で今季3勝目を挙げた。

先週の伊藤園レディースに続く2週連続優勝も達成。古江はアマチュアだった19年の富士通レディースも制しており、20歳179日での4勝到達は宮里藍(19歳1日)、畑岡奈紗(19歳295日)に次ぐ史上3番目の年少記録となる。

ラウンド後にオンライン会見に出席した古江は「2週連続優勝はすごくうれしいです。楽しみながら、その場でどう集中するかだけ考えていました。安心感がある優勝ができたなという感じです」と笑顔で振り返った。最終ラウンドでは6番で約4メートルのパットを沈めるなど前半で3つのバーディーを奪ってリードを広げ、後半も安定感のあるゴルフで逃げ切った。

2位には通算12アンダー、272でイ・ミニョン(28=QCELLS)が入った。また、通算3アンダーの14位からスタートした昨年覇者の渋野日向子(22=サントリー)は最終ラウンドを6バーディー、1ボギーの66で回り、通算8アンダー、276で5位だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加