ダルビッシュ8勝逃す「nothing」辛口評価

ダルビッシュ8勝逃す「nothing」辛口評価

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

カブス先発のダルビッシュ(ロイター)

<カブス6-5インディアンス>◇15日(日本時間16日)◇リグリーフィールド

カブスのダルビッシュ有投手(34)がインディアンス戦に先発し、7回9安打3失点と踏ん張ったものの、勝敗はつかなかった。

本調子ではなかった。試合後は、英語で「I have nothing(いいものが何もなかった)」と振り返った。今季最多の被安打で、2回以降は毎回走者を背負った。それでも傷口を広げず、今季メジャー最長の9試合連続クオリティースタート(6回以上、自責3以内)をクリア。

ダメージを最小限で食い止めたことが、7回裏の勝ち越し劇を呼んだ。

9回に同点に追い付かれダルビッシュの8勝目は消えたが、カ軍はその裏、サヨナラ勝ち。地区首位の座を固めた。「相手を判断できないほど、僕が悪かった。対策はできると思いますし、何とかしたい。先を見ずにその時々で調整していきます」。ポストシーズンの日程が発表されたが、あえて「先を見ず」と強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加