「金沢百番街」で見つける とっておきの金沢土産10選

「金沢百番街」で見つける とっておきの金沢土産10選

  • CREA WEB
  • 更新日:2022/09/23

伝統と愛らしさがミックスした金沢の美味が集結

No image

金沢百番街は、金沢が誇る美味・工芸・お土産を一堂に集めた駅直結の商業施設。

石川県や金沢を代表する店舗が集まるお土産エリア「あんと」、ファッションエリア「Rinto」、生鮮食品や飲食エリアの「あんと西」の3つに分かれており、どのエリアも金沢らしさを満喫できる名店街となっている。

2021年3月には、伝統的な和の要素が特徴的な「あんと」に、現代的な洋のテイストを表現したスイーツゾーンがオープン。人気レストランの若手シェフがプロデュースする洋菓子店やベルギーワッフル専門店、ショコラトリーなど地元で話題のスイーツショップ5店が新たに加わり、店舗ラインナップがさらにパワーアップ。

期間限定のポップアップショップや館内イベントの実施のほか、Rinto西側の遊歩道にてキッチンカー(曜日限定)も集合しているので、おみやげ探しだけでなく、観光時のランチやおやつタイムにも活用できそうだ。

金沢百番街

所在地 金沢市木ノ新保町1-1
電話番号 076-260-3700(代表)
https://www.100bangai.co.jp/

◆金沢・茶の間 フランドール

「金沢みるく饅頭 じわまん」

No image

金沢みるく饅頭 じわまん 410円(2個入り)。

金沢で愛される伝統のおやつを現代風にアレンジ

1907年に金沢で創業した洋菓子店、金岩菓子店が、昨年フランドールという店名で仲間入り。

茶の間の団らんの時間に楽しめるおやつをイメージした商品は、地元の加賀棒茶や五郎島さつまいもなどの特産品を使用した素朴なお菓子ばかり。

金沢弁で地元の野菜や果物を”じわもん”と呼び、饅頭とかけて「じわまん」と命名。
ミルク風味の生地に、しっとりとした口当たりの五郎島さつまいもと、能登の小豆をそれぞれ包んだ優しい味わいだ。

金沢のご当地キャラクター「ひゃくまんさん」柄のパッケージも可愛く、2個入りサイズのお手頃さはまさに金沢土産にぴったり。

金沢・茶の間 フランドール

https://frandore.base.shop/about

◆清香室町

「金澤文鳥~加賀棒茶味~」

No image

金澤文鳥~加賀棒茶味~ 1,296円(5個入り) ※10月1日より1,458円に価格改定。

菓子職人の技が詰まった新たな金澤文鳥が誕生

和菓子店・清香室町の定番一口羊羹「北国宝生旅衣」から新たに生まれたのが、この可愛い文鳥の羊羹。

金沢の食材を使用したこの羊羹の第一作目は、加賀紅茶とドライフルーツを合わせたフルーティーな味わいだ。

そして、今年4月にお目見えしたこちらの新作は、加賀棒茶とピスタチオ、アーモンドなどのナッツをミックスしたもので、香ばしく風味豊かな味わいに仕上げられている。

今までにない洋風テイストの羊羹の目新しさに加え、手乗り文鳥の愛らしい姿や卵型パッケージがなんともキュート。

清香室町

https://www.seika-muromachi.com/

◆PiSO by respiración

「しあわせチーズ」

No image

しあわせチーズ 2,600円(約12cm)。

レストランシェフが生み出す幸せ時間を紡ぐスイーツ

金沢市の星付きモダンスパニッシュレストラン、レスピラシオンのシェフが手掛ける、グルテンフリーのスペシャルチーズケーキ。

じっくりと湯煎焼きすることで、上はベイク感あるしっとりとした食感、下はレアチーズのような繊細ななめらかさを実現。

濃厚なのに甘さは控えめで、後味もすっきりしているので世代を問わず好まれそうな味わい。

スタイリッシュなギフト箱もプレゼントや差し入れに喜ばれそう。

PiSO by respiración

https://piso.jp/

◆金沢 うら田

「あいそらしモナカ 八幡さま いちごクリーム」

No image

あいそらしモナカ 八幡さま いちごクリーム 1,782円(最中種6袋、クリーム約55g、つぶ餡約155g)。

ほっこりかわいい最中に新作のいちごクリームが登場

金沢では”愛らしい”ことを意味する言葉「あいそらし」。

金沢の郷土玩具「加賀八幡起上り」人形を模した「起上最中」は、その愛らしさから金沢銘菓として大人気に。そして、最中の表情を八幡様に写し、洋風のいちごクリームを合わせた待望の新作が今年5月に仲間入りした。

食べる際に、最中皮に自家製つぶ餡といちごクリームをお好みでサンドするので、いつでも出来立てのサクサク感を楽しめる。

クリームはいちごのほかに2021年12月に発売されたアーモンドクリームもあるので、食べ比べてみるのもおすすめ。

最中の底のほうにクリームやつぶ餡を詰めるとゆらゆら起き上るのでぜひお試しを。

金沢 うら田

https://www.urata-k.co.jp/

◆もみの木カフェ

「ベルギーワッフル」

No image

ベルギーワッフル。手前左から:ダブルホワイトチョコ 380円、ショコラフォンダン 350円、後ろ中央:ココキャラメル 350円。

本場のベルギーワッフルをホムパやオフィスへの差し入れに

21年3月にあんと内にオープンした、ベルギーワッフルの専門店。

津幡町に本店を構えるこちらのお店は、ベルギー出身のロホンさんが手作りする本場のワッフルが大人気。

あんとの店舗では、お土産用にひとつずつ個包装された約20種類のワッフルを用意。定番から季節限定フレーバー、お店のオリジナルまで、ほかにはない個性派ワッフルは目移り必至。

ベルギーの街並みをモチーフにした包装も素敵なので、ティータイムの差し入れにすれば喜ばれるはず。

もみの木カフェ

https://mominokicafe.com/

◆FILFIL CACAO FACTORY by FIL D’OR

「チョコレートタブレット」

No image

チョコレートタブレット 各1,550円。左から:シトラス・山椒70% ダークチョコレート~&sake~、加賀棒茶ミルクチョコレート45%~PROMENADE~。

個性と実力を兼ね備える金沢を代表するチョコレート

フィルフィルは、カカオの選定からチョコレートバーに仕上げるまですべての工程を手作業で行う金沢のビーントゥバー。

地元の食材をチョコレートにプラスした季節限定のアイテムも豊富で、金沢らしさ+目新しいお土産を探している人にぜひおすすめしたいアイテムが揃っている。

加賀棒茶ミルクチョコレートは、工房近くの老舗茶屋で焙煎されたばかりの棒茶を使い、芳ばしい香りをプラス。ウワミズザクラの実や蕎麦の実、ヨモギをアクセントでトッピング。

シトラス・山椒は、ダークチョコレートにシトラスピールのコンポートと山椒をプラス。ザクザクとした食感も楽しめる大人のチョコレートに仕上がっていて男性へのプレゼントにも良さそう。

FILFIL CACAO FACTORY by FIL D’OR

https://filfilcacao.com/

◆石川屋本舗

「かいちん 水族館」

No image

かいちん 水族館 1,000円(1箱)。

老舗和菓子店の新名物はバラエティ豊富な琥珀糖

天保年間に金沢で創業した和菓子の老舗店。

饅頭や上生菓子などの定番に加え、お店の看板商品ともいえるのが、こちらの「かいちん」。

金沢では昔、おはじきを「かいちん」と呼んでおり、その透明感ある琥珀糖の見た目にちなんで「かいちん」と命名された。

特別な寒天と上質な砂糖で手作りされる繊細な琥珀糖は、季節やイベントごとに販売されるものから、毎月22日に販売される「ねこのかいちん」まで、種類も豊富。

ペンギンや魚たちが涼やかなこちらの「水族館」のほか、色とりどりの金魚が美しい「金魚」などの生き物シリーズも女性に人気。

石川屋本舗

https://ishikawaya-honpo.co.jp/

◆ぶった農産

「甘えびせんべい」

No image

甘えびせんべい 540円(6枚入り)。

おつまみにも最高な甘えびの風味の贅沢煎餅

自社で栽培したコシヒカリに、甘えびの粉末を加えた一口サイズの煎餅。

焼きおにぎりのような香ばしさと、米粒をしっかり感じられるカリッとした食感がクセになる味わい。

「ひゃくまんさん」をあしらったカラフルなパッケージもかわいらしく、持ち帰りしやすい軽さと日持ちの長さもお土産向き。

県内の広大な自社田畑で、米や野菜を栽培するぶった農産では、郷土料理の「かぶら寿司」や「こんか漬」などを、お土産向きのサイズやパッケージで販売。

旅の思い出に、おいしい金沢ローカルフードを一緒に持ち帰ってみては。

ぶった農産

https://butta.co.jp/

◆金沢 ヤマト醤油味噌

「加賀五彩の小箱」

No image

加賀五彩の小箱 各1,250円(6食入り)。

​まろやかなコクが絶品のお手軽フリーズドライ味噌汁

発酵食のまち、金沢大野で百余年にわたり蔵を構えるヤマト醤油味噌。

80年以上、蔵に伝わる木桶で熟成された糀味噌を使用したフリーズドライの味噌汁は、風味豊かで野菜もしっかりとれると幅広い世代に人気を集めている。

具は、茄子、ほうれん草、とん汁、ネバネバ野菜の4種類。

ネバネバ野菜には石川県産の金時草、とん汁には風味豊かな酒粕を入れるなど、体にも良さそうな素材がたっぷりと入っている。

水引が掛けられたギフト用箱は、古代紫、臙脂、黄土、草、藍の加賀友禅の5色を用意。掛け紙もお椀柄や金沢模様などが選べるので、シーンにあわせた贈りものに重宝しそう。

No image

酒粕入りの具だくさんとん汁は風味も豊か。

金沢 ヤマト醤油味噌

https://www.yamato-soysauce-miso.co.jp/

◆金澤北珍 肴の匠

「ゴーゴーカレーさきいか」

No image

ゴーゴーカレーさきいか 各324円(27g)。

ゴーゴーカレーとのコラボでビールに合う酒の肴が誕生

金沢カレーブームの火付け役ともいえるゴーゴーカレーと創業55年を迎える珍味メーカーがタッグを組んで、今年8月に発売したカレー風味のさきいか。

スパイシーでコクのあるゴーゴーカレーの味わいに、風味豊かなさきいかが見事にマッチ。

ビールがぐいぐい進みそうなちょっと濃い目の味つけと持ち運びしやすいコンパクトさで、列車旅のお供にも最適。

価格もお手頃なので、会社や友達へのバラマキ土産用にまとめ買いするのもおすすめだ。

金澤北珍 肴の匠

https://www.hokuchin.com/

文=Five Star Corporation
撮影=釜谷洋史

Five Star Corporation

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加