阪神・ドラ1佐藤輝が伝統の一戦でマルチ安打!ドラ2伊藤将のプロ初勝利喜ぶ

阪神・ドラ1佐藤輝が伝統の一戦でマルチ安打!ドラ2伊藤将のプロ初勝利喜ぶ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

5回、この日2本目となる内野安打を放つ佐藤輝(撮影・田中太一)

「阪神7-1巨人」(7日、甲子園球場)

阪神が伝統の一戦で快勝。ドラフト1位・佐藤輝明内野手(近大)はマルチ安打を放った。

同点の四回、先頭で迎えた第2打席に、初球を遊撃へはじき返し全力疾走。内野安打をもぎとった。無死走者なしの五回には、三塁線ぎりぎりの当たりで再び内野安打を記録。「きょうのヒットをきっかけに上がっていけるように頑張ります」と話した。

八回には大城の放った打球をスライディングで好捕し、右翼の守備でも魅せた。

同2位・伊藤将司投手(JR東日本)が7回1失点でプロ勝利を挙げたことには、「いっぱい三振取っていて、見ていて楽しいというか、安心していました。ナイスピッチングだと思います」と同期入団の左腕の活躍を喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加