King & Prince神宮寺勇太の今。「強く優しく艶やかに煌く」

King & Prince神宮寺勇太の今。「強く優しく艶やかに煌く」

  • MAQUIA ONLINE
  • 更新日:2020/10/18

輝きを増しつづける5人に魅せられて

美しく格好良く、時々、お茶目。多面体の宝石のような魅力で私たちを虜にするKing & Prince。「MAQUIA」11月号では、磨かれる輝き、止まらない進化。彼等の個性溢れる煌めきと美意識をパーツごとに大解剖!

No image

Profile
じんぐうじ ゆうた●1997年10月30日生まれ。心優しく気遣い上手なうえにお茶目。“国民的彼氏”の異名を持つグループイチの優男。バイクや車など“男子”な趣味も多数。多面的な輝きを放つ。

手首
衣装のフィッティングでも「細いね」とよく言われる。華奢な手首は実はコンプレックスなんです。腕時計もブッカブカで……。ゴツめの腕時計が似合う、男らしくたくましい腕に憧れる!

筋肉
メンバーから何かもらえるのならば、僕は紫耀の“筋肉がつきやすい体”が欲しい。あの人、歯を磨くだけで筋肉がつくから。鍛えていないのにマッチョだから。トレーニングが苦手な僕からすると「羨ましい」の一言。岸君の手も欲しい。指が長いから、遠くに置いたリモコンにも手が届きそうじゃないですか。外見を磨きたいなら紫耀の体質、生活を少し豊かにするなら岸君の指、欲しいですね(笑)。


「自分、えらい」と胸を張れること。それは、綺麗好きなところ。掃除は常に本気。徹底してやるタイプ。床をしっかり見つめながら、髪の毛一本逃さず、部屋の隅々まで磨き上げますからね。で、終わった後はベランダに出て外を眺めながらホッと一息。その瞬間、最高です♡


ジャニーズ事務所に入った中学生の頃、少しお兄さんになれた気がしていた。でも、振り返るとその顔は子供そのもので。あの頃に比べれば少しは“大人の顔”になれたのかな。どこがどう変わったのかは鏡を見ても自分ではよくわからないけれど時間と経験を積み重ねながら変化してきた今の顔は結構好きです。

完全版は、MAQUIA 11月号(電子版)でお楽しみください! >>

MAQUIA 11月号
取材・文/石井美輪 取材・構成/伊藤かおり、清田恵美子、木下理恵(MAQUIA)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加