脈ありチェック♡男性が「本命にだけ話すこと」とは?

脈ありチェック♡男性が「本命にだけ話すこと」とは?

  • 愛カツ
  • 更新日:2021/11/25

男性のなかには、本命女性とそれ以外の女性とで、大きく態度が変わる人がいます。

とくに会話内容なんかは、その態度の差が表れやすいポイントの一つ。

そこで今回は、男性が「本命にだけ話すこと」をご紹介します。

ここから相手の本気度を、見極めていきましょう♡

No image

過去の恋バナ

好きな男性から、彼自身の過去の恋愛トークをされたら、ショックを受ける女性もいるでしょう。

ただ男性のなかには、本命女性だからこそ、そういった話をするケースもあります。

なぜなら、大事な人だからこそ「自分の過去を知ってほしい」と考えるため。

それ以上聞きたくないときには、「それ以上は嫉妬しちゃうから聞きたくないなー笑」とやんわりと伝えてみてください。

聞きたくない理由が分かれば、相手も分かってくれるでしょう。

子ども時代の話

子ども時代の話には、両親や兄妹も登場しますよね。

でも家族などプライベートな話は、心を許した相手にしか話したくない!という男性は多いもの。

また楽しい話だけではなく、トラウマや嫌な思い出を話してくれることもあるかもしれません。

そういった小さいころの話は、「自分が本当はどんな人間かを分かってほしい」というサインの一つ。

心を開いているからこその話題でしょうから、やさしく耳を傾けてあげてくださいね。

自分の弱み

男性は、自分の苦手なことや欠点を自分から言おうとはしないでしょう。

こちらから聞いたとしても、ごまかしたり否定したりしようとするはず。

しかし、もし自分から「俺、じつはこれが苦手で……」なんて弱みや欠点を話してくれるのなら、相手を信頼しているのでしょう。

相手への助言

付き合う前の男性から、「〇〇はよくないと思う」なんてアドバイスを受けたことはありませんか?

これって内容や口調によっては、聞いた側がイラッとすることも多いもの。

ですが、「もし付き合ったら」と2人のこれからを真剣に考えているからこそ、こういった発言をするケースもあるよう。

ですから、できれば怒りはグッと堪えて、話に耳を傾けてみてください。

関係が安定してきたら、女性側からも相手の「よくないところ」や「改善すべきところ」を伝えてみるのもアリかもしれません。

信頼している相手だからこそ♡

出会ってすぐの頃は、お互い「うわべの話」しかしないはず。

しかし相手に対し本気で向き合いはじめると、今回ご紹介したような話題が出てくることがあります。

それは相手なりの信頼の証ですから、気があるなら、女性側からも真剣に向き合ってみるというのはアリでしょう。

(ハラ マキ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加