三重県中心に東海で大雨 高速道路で土砂崩れやスリップ事故

三重県中心に東海で大雨 高速道路で土砂崩れやスリップ事故

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/08/06
No image

動画を見る(元記事へ)

東海地方では、三重県内を中心に一部で大雨となり、土砂崩れが起きて高速道路が通行止めになるなどしています。

三重県内では、津市で1時間に62.5ミリの非常に激しい雨を観測するなどしました。

亀山市の東名阪自動車道では雨でスリップしたとみられる車が事故を起こし、それをよけようとしたトラックが横転して男性1人がけがをしました。

この事故で、伊勢自動車道上りの伊勢関インターと東名阪道の亀山ジャンクションの間で通行止めとなっています。

また、新名神高速道路では、東名阪道から本線に入る支線でのり面の土砂が崩れて車線をふさいだため、下りの亀山ジャンクションと亀山西ジャンクションの間で通行止めになっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加